Travel record in Halekulani in winter 2007_

02/19/2008

The final day See you

今朝は、午前7時起床。外はまだ暗い。天気も悪そうだから余計に暗い。Cimg9149Cimg0610 

今朝も食事はルーム・サービス。この方が用事をしながら食べられるし、なにかと便利。食事が運ばれてくる頃には荷物も大体片付いてゆっくり食べることが出来ました。Cimg0619Cimg9151 

この日のフライトはJO79便。成田行きの最終便。午後12時45分ホノルル発。本当は、NW便くらい遅いと良いんだけど、こればかりは仕方ない。でも、これでも結構ゆっくり出来る。”911”前、夏など午後12時にホテルを出発することも出来たけど、今では夢のお話。アリスさんとの約束の時間は午前10時30分。それまでは、最終日恒例のプール!Cimg9164

今朝は、トム、フランク、フランシーのお馴染みの顔が朝から居てくれた。Cimg9174

彼らと最後のおしゃべりを楽しむ。息子も、”英語耳”はずい分成長したと思うけど、次回はもう少し良く話せるようになって来るとトムに告げていました。Cimg9167

最終日は娘はプールベッドで”撮影隊”息子と二人でプールに入る。悪かった天気も薄日が指してきてプールとも次回まで”さよなら”できました。Cimg9185

みんなと一緒に記念写真を撮り部屋に引き上げます。そこからお風呂やシャワーを急いで浴び、洋服に着替えて荷物を下してもらう電話をかけました。

1階のエントランスには既にアリスさんがみえており、荷物を積んで頂いていました。キャッシャーで請求書の明細を受け取り確認しカードのサインをします。奥からSさんが見送りに出てきてくださり次回の再会を約してお別れです。Sさん、私たちが見えなくなるまで入り口で見送ってくれました。

今回の旅行、間違いなく今までで一番の旅行であったと思います。毎回

『今回の旅行が一番良い旅行に。。。。。』

と思いながら旅をしますが、そうならないこともままあるのが実情です。しかし、今回は私たちにとって間違いなく、一番だったと思います。私たちを乗せたアリスさんのクルマは快調にすすみ、途中アリスさんと仲のよいロックンローラーのY・Uさんとのお話や元タイガイースのK・Sさん他とのお話をお聞きしているうちにホノルル空港に到着です。最後にアリスさんが飼っていた大型犬二人が最近自宅で何者かに毒を飲まされ死んでしまった話を聞き、そのワンちゃんの写真を見せていただき家内は涙が止まりません。Cimg0664

クルマを降り近くのポーターを頼みます。アリスさんともここでお別れ。みんなそれぞれ一人づつ強くハグしました。AKIRAさんによろしくね!次回は必ず一緒に飲りましょう。最後に『アリちゃん!何が好きなの?』と尋ねると『キ・ン・ツ・バ』って言ってくれました。今度美味しいキンツバ、家の近くにあるから『沢山持ってくるよ!』と言ったら『うれしぃ~!』。Cimg0662

チェックインも直ぐ終わり空港内のサクララウンジへと向かいます。Cimg0666Cimg9211 

途中DFSで少し買い物。Cimg0677

サクラ・ラウンジでは、ジュースなど少々。Cimg0682Cimg9199 

結構時間があったのでみんなノンビリムード。やがて時間になり19番ゲートに進みます。Cimg9214

空港のシンボルにもさよならです。Cimg0674Cimg9218Cimg0672   

きょうの機材はB767。ハワイ島のコナからの便です。B744よりかなり小型の飛行機ですがこれはMAGICⅢ。帰りは退屈しないで済みそうです。Cimg9219

搭乗前前に歩いていた年配の夫婦のオジイサンの方が職員に何か気に入らないことがあったらしくて、大変な剣幕で怒っていました。顔を真っ赤にして怒っているオジイサンの脇を抜けて機内へ。           おー、怖!Cimg9249Cimg9223Cimg9222   

JO79便は定時にホノルル空港を飛び立ちました。確認はしていませんがこの日の71便。まだ飛び立っていなかったような。。。。。。  やがて食事の前の飲み物です。成田からクルマを運転するので最初にアルコールをもらい以後飲みません。Cimg9225

この日もシャンパンよりアイリッシュ・ベイリーズ。普段、家ではシャンパンは飲みますがベイリーズなど飲みません。外で飲むお酒なんです。特に旅客機内で頂くベイリーズが一番美味しく感じます。座席は左から4席。一番前の席の子供が煩かった。子供が騒いでも親は、あまり構わずヘッドホンして映画みたりしたまま。C・Aの方があやしたり、後ろの席の方はお気の毒でした。少し周りの”迷惑”考えろよ!Cimg9233 ですよannoy

息子と娘は”洋食のお肉”。Cimg9234

私達夫婦は”和食”。娘は、今回良く食べてくれました。Cimg9244Cimg9242_2Cimg9264   

体調も損ねることなく本当に良かった。                                       アイスもおそばも食べました。Cimg9267_2Cimg9266 

MAGICⅢでのフライトは快適でマッド・デイモンの映画「ボーン・アルティメイタム」(一番面白かった!)やその他の番組が100以上のチャンネルからオン・デマンドで選べます。Cimg9228

Yumingの「青いエアメイル」。胸がキュンとした。

おかげで寝る時間のなく、おまけに予定より早く成田へ到着の予定になりました。Cimg9241Cimg9254 

帰りも結構揺れましたが、往きの飛行に比べて比較的穏やかだったようにも思いますが、途中何度かシートベルトサインがでて、C・Aの方のサービスも中断しました。

飛行機は鹿嶋港の真上から霞ヶ浦上空を抜け、旋回します。成田の滑走路へは北からアプローチに入りました。実は、この日飛行中機内案内で成田のお天気は雨で気温5度。嫌だなぁと思っていましたが、飛行時間が早くてこの時期にしては珍しく明るいうちに到着しました。成田に着く頃には雨も上がっていて雨上がりの美しい関東平野が一望に見渡せました。予定より45分も早く午後4時過ぎに成田に無事到着です。Cimg9292

降機の際、お世話になったC・Aの方に『良いお年を!』と挨拶してお別れです。Cimg9296

サテライトでの到着なのでまたシャトルに乗り込みます。入国審査は空いていてすぐ済みましたが、外国人の方は新しく導入された指紋認識等の検査のため長蛇の列をつくっていました。

荷物のすぐに出てきて税関に進みます。税関から『アメリカにお住いですか?』と聞かれました。『何故?』と聞くと『荷物が多いから』と。。。。。申告書を出し、特別な検査もなく入国できました。

それからABCへ行き、預けてある冬物を受け取り、スーツケース4つ、宅配の手配をしました。いつものようにパーキングへ電話して愛車の到着を待ちます。Cimg9299

程なくクルマも着き、荷物を入れてから首をなが~くして私たちの帰りを待っている『チャコP』と『KEN』が待っている動物病院へ向かいました。Cimg9300

年末30日の道路は空いていますが、私たちには年末の実感が湧きません。翌日が大晦日ですが、お正月よりもハワイに浸っていたい気持ちです。Cimg9146

動物病院で私たちを大歓迎してくれた二人を引き取ります。ふたりとも元気そうで良かった。最初にふたりにかけた言葉は『ゴメンネ!』でした。そして、家路へと。。。。。

こうして2007年も暮れていきました。Cimg0296_2  

おしまい!

あっ、そうそう最後に一言!

『アリちゃん!キンツバのこと。忘れていないよ!』

で、次は、いつ?

| | Comments (8)

02/16/2008

Seventh day Auld lang syne

いよいよ今回の旅も終盤。今朝の食事もサーフ・ルームで。Cimg0402Cimg0401 Cimg0406   

パーク・ホテルを抜けるいつもの近道を通って行く。Cimg0405

パーク・ホテルのクリスマスツリー、落ち着いていてホントにイイ感じ。一番好きなツリー。Cimg0440Cimg0412 Cimg0435 

空はどんより曇っているけど今まで良いお天気だったので良しとしましょう。でもそんなに悪くもない程度。Cimg0426Cimg0419Cimg0424   

朝食はゆっくりが基本の我が家。でも娘だけは違っていて自分の食事が終わってしまうと、途端に退屈になる。。。。。今回、ここでの食事もこれが最後だからということを聞かせつつ、ガマンさせる。Cimg0439 Cimg0414Cimg0413 

帰りしなピンクパレスの可愛いクッキーを購入しようとコンシェルジェへ尋ねるとあいにく売り切れ!お土産に可愛くて良かったんだけど。。。Cimg0411Cimg0438Cimg0431   

仕方ない。帰りはシェラトンのプールの脇を抜け、グレイズ・ビーチの出入り口からホテルに戻る。Cimg0441Cimg0443Cimg0449   

今日の予定は午前中プール。お昼は、またまた八景の今年最後の『ランチ』をいただきに行く。そして、午後は、泳いだりブラブラしようとあまりキュウキュウな予定にしないようにしました。プールは、賑わっていたけど泳いでいる人はあまりいない。Cimg0474

ホテルのお客さんも一段と増えてきました。

水は温水だしプールに入ってしまえば暖かい。また、海も入る時だけ冷たいが、慣れてしまえばなんて事はない。

この日は、ホテル前のビーチで子供二人と一緒に泳いでいたら私の右隣1メートル位の所にヒョッコリ海面から茶色の頭が出てきた。海ガメが一緒に泳いでくれました。息子も娘もカメを真近に観ることが出来本当にラッキー!カメはしばらく私たちに付き合ってくれた後、何処えともなく帰って行きました。

夕方、シェラトン前のビーチにはよくカメが顔を出すことは知っていたし、今まで実際に見たこともありました。しかし、午前中の今頃の時間、さらには泳いでいる我々のこんな身近で観た事はありませんでした。プールに戻りフランシーにこのことを話すと、娘に『ラッキーだったわね。きっと良いことがあるよ!』って言ってくれ娘も喜んでいました。Cimg0478Cimg9091_2 

お昼になり今日は早めに『八景』に向かいます。河村さんはじめ皆さんに今回のお礼と次回の再会を約束するために。今年最後の『八景』ランチのメニューは、『カフク産海老の天ぷら定食』。お皿には天ぷらも沢山のってあり、”甘い”自然塩でいただきます。小鉢の出し巻き卵も抜群に美味しい。美味しいご飯もお代わり自由。これで11.5ドル!もちろんチップは別ですが、ワイキキからタクシーをとばす価値は十二分にあります。河村さんやダニエル君、お店の料理長や皆さんにお別れし、タクシーを呼んでもらいます。こんなお店が東京の自宅近くにあったらなぁ~!と家族全員思いました。                      名残は尽きませんが再会を約しハレクラニに戻りました。Cimg9096

しばらくして、アイスクリームを食べたくなりコールド・ストーンとも思いましたが、大好きなラパーツを食べに行こうということになりヒルトンまで歩いていくことにしました。

その時の様子はこちらで。

ヒルトンの中は賑やかでいつもながら迷子になりそう。でもここは賑やかで、以前のハワイらしさの残っているところでもあり、私は好きな空間です。Cimg0506

フォート・デ・ルーシー公園を歩く帰路、息子がまだオムツをつけている頃にこの公園で遊んだことがあり、夫婦で懐かしく思い出したりしました。ホテルに戻りきょうの夕食の『オーキッズ』は午後6時30分の予約なので、それまで家内と娘はビーチ・ウォークまでお買い物。私は、少し荷物の整理とスーツケースへ入れ始めます。息子は、バルコニーでエアバンドを使ってホノルル空港離発着の航空無線を聞いています。Cimg0297

やがて家族全員が揃い夕食のオーキッズでお食事です。Cimg0533Cimg0557 

その時の様子はこちらで。

今回は息子も成長したし今回の旅行では一度ルアーズ・ラウンジでも連れて行ってやろうと考えていましたが、オーキッズでの食事が良く、お酒で気分も良いので今回はこのままで。ルアーズへは、次回連れて行ってやると言い残し、さっさとベッドで寝てしまいました。   でも、良い機会だし少し大人の世界を見せてやっても良かったかな?と今は、少し後悔しています。。。。。

つづく。。。。。

| | Comments (0)

02/15/2008

Sixth day Waikiki of Indigo blue

今朝も親戚の娘の襲撃をうけ、朝寝する心づもりを壊されて一日がスタートした。Cimg0130_2

きょうは、彼女達が帰国する日。しかし、NW利用の彼女達はホノルル発が午後2時40分とかなり遅い。Cimg0142Cimg0124

したがって、いつもと同じように起きて、朝食を食べ、プールに入ったり買い物をすることも出来る。Cimg0137Cimg0138_2   

彼女との朝の散歩もきょうで最後。また堤防まで行ってみる。Cimg0133

彼女の好きなHWAKで朝食をいただき、その後プール。Cimg0156Cimg0157Cimg0158   

海にも入りたいと言うので冷たいけどガマンして付き合った。Cimg0195Cimg0194_2 

冬の海は冷たい。曇り空ならなおさら冷たい。Cimg0184

昼食は機内で食べるからいいとその時間も惜しんで遊びたかったらしい。

午後1時。約束のアリスさんが迎えに来てくれ玄関でバイバイ!ホテルのSさんも一緒に見送ってくれた。”台風一家”が帰ってしまい少し寂しくなってしまったが、お天気は”台風一過”とはいかず、だんだんと曇ってきてしまった。これは、あの一家のノロイかな?それとも?

その後、我々もタクシーでダウンタウンに向かった。                     『ソル・デ・キューバ・カフェ』に行くために。Cimg0311Cimg0280Cimg0296Cimg0225   

その様子は、こちらでどうぞ

PART2は、こちら。 

そして食べ物は、こちら。

ちょうど、アロハタワーに向かっているときにNWの機影が見えた。

『ハワイは、来るまでが長くて待ち遠しいけど、来てしまうと早いんだよね。』

そんな言葉を息子がぼそっと言う。

『俺もそう思うよ。。。。。』

アロハタワーからアラモアナに行き、いつもの「SEE’Sキャンディー」で買い物。きょうもサンプルで何個か頂いた。美味しい♪        その後ホテルに戻る。Cimg0332Cimg0336Cimg0337   

夕暮れの浜辺を散歩する。Cimg0335Cimg0125Cimg0126   

昼間の喧騒ウソのように波の音しか聞こえてこない。Cimg0357Cimg0358 

きょうの夕暮れはいつもより蒼かった。Cimg0380Cimg0355 

Indigo blue に染まるワイキキ。                                  風景が蒼く美しく口数もしぜんと少なくなる。。。Cimg0262Cimg0260Cimg0258   こんな感じ。。

そしてきょうも夕食は『八景』で。毎日でもまったく飽きない。

---------------2009年追記----------------------

私見ですがこのお店、現在この当時とは全く異なった趣になってしまいました。したがいまして私個人としては残念ですがおススメしないお店のひとつであります。

夜遅く、ホテルに戻る。Cimg0269

もう親戚は東京に着いたかな?とふっと思う。Cimg0397

部屋に戻ると窓の外には、オーキッドプール。               ハレクラニもIndigo blue 。                              蒼く輝いていた。。。。。。

つづく。。。。。

| | Comments (3)

02/14/2008

Fifth day Comfortable day

今朝は、昨夜の食事の食べすぎでまだ”元気ではない3人組”とそうではない”元気な三人組”に分かれてしまいました。Cimg9991

私と娘達二人は元気三人組。それ以外はグッタリ三人組です。Cimg0002

朝、元気三人組で朝の海岸散歩です。Cimg9993Cimg9995 

アウトリガー・リーフ前の堤防まで歩きます。Cimg9997Cimg0003Cimg0005   

波で足が洗われて靴がびしょびしょ。朝日をいっぱい浴びてきょうも元気いっぱいです。Cimg0013_2Cimg9989Cimg0008

朝の散歩はこんな感じ。

今朝の朝食はピンクパレスの『サーフ・ルーム』。このレストランも改装後はどうなるのでしょうか?Cimg0016Cimg0074_2Cimg0023   

ハレクラニからパーク・ホテルを抜けシェラトンの前をとおってピンクパレスまで歩きます。ピンクとミドリの対比がとても新鮮で美しい。Cimg0099Cimg0021Cimg0087   

ピンクパレス内のクリスマスデコレーションも相変わらず可愛い♪Cimg0033Cimg0027Cimg0051   

サーフ・ルームの受付で事前の予約を告げると海岸沿いの良い席に案内してくれました。きょうは、ケイキラニクラブに娘二人が参加しようと思っていましたが、親戚は明日帰国。                      予定を変更してこの日はプールや海で終日遊ぶことにして朝食もゆっくり摂ることにしました。 親戚の娘は出来ればホノルル動物園へ行きたかったそうですが、プールへ入ればプール・プール!Cimg0049

サーフ・ルームでの朝食は鳥達との戦いでもあります。お料理を置いたままテーブルに誰もいくなるとたちまち餌食になってしまいます。 そのことを危なそうな何人かの方にそっと、さり気なくご注意して差し上げたのですが、すぐにお忘れになってしまい。。。。。。後は悲惨な状態になってしまいました。

サーフ・ルームの朝食風景はこんな感じ。

サーフ・ルームは、ハレクラニでの朝食と違いここにはここならではの良さがあります。好きです。朝食を食べ、気分的にもノンビリしたくなり散歩をかねて少しブラブラしてみます。ロイヤル・ハワイアン・ホテルのクリスマスデコレーションをあらためて眺めてみると、やっぱり女性的で可愛らしい。Cimg0134Cimg0024

裏庭のパームツリーの根もとにも可愛い綺麗な花で埋め尽くされていました。Cimg0118

ピンクパレスを後にして海岸に一度出て、アウトリガー・ワイキキからワイキキ交番となりの『カフナ・ストーン』までテクテク。Cimg0135Cimg0138Cimg0140  Cimg00031 

ストーンにあらためてお願い事をしてからカラカウア通りを歩いてウィスティンに変わったモアナサーフ・ライダーホテルの眺めます。Cimg00041Cimg00181Cimg0166Cimg00191   

クリスマス仕様で『貴婦人』、相変わらずお美しい♪Cimg0172Cimg0177Cimg0169   

チーズケーキファクトリーの前を通ってホテルに戻りました。Cimg0181Cimg0180Cimg0179Cimg0183   

お天気は多少曇り気味でしたが、この日もプール・プール!ジョイ・キャロルにも会い、彼の元気な様子が確認できて有意義な時間だった。昼食はHWAK。Cimg0068

午後2時にイチゴのアイスバーをもらい食べながらボンヤリ空を眺める。何にも思い浮かばない。私はこの状態が一番有難くハワイでの理想的な状態。今回もこんな気持ちになることが出来て良かった。親戚は最後の買い物があるとのことで一緒にプールをあがり部屋でお風呂タイム。

きょうは水曜日。カクテルパーティーがあります。Cimg0201

親戚は出席しないのでウチだけで出ます。

その時の様子はこちら。

サンタの夫妻もいて賑やかだった。この日の夕食は、『八景』、午後8時の予約。親戚も買い物から帰り部屋でひとやすみ。Cimg0186Cimg0191 

私は、もう少しアルコールが飲みたかったのでHWAKに行くが45分待ちと言われ敢えなく退散。Cimg0242_2Cimg0244Cimg0250Cimg0251Cimg0253   

午後8時八景での夕食。河村さんは、きょうも元気いっぱい。九州の久留米育ちのダニエル君(彼は好青年!)とも仲良くなりお料理もなお一層美味しくなるというものだ。おでんの最後に出し汁にウドンを入れ、揚げ玉を散らせて『タヌキうどん』にする。これが抜群に美味しい。デザートも手作りで素晴らしく、やはりここはホノルルで小さくとも光り輝く宝石のようなお店だった。

親戚は「私たちは、明日帰るけど抜け駆けでここに来ないでよ!」 なんて言うもんだから内緒で翌日の予約も帰りしなにしていった。きょうも本当にご馳走様でした!!

でも、毎日「八景」。この題名も『Talk with me Hakkei』にでも変えましょうか?

つづく。。。。。。

---------------2009年追記----------------------

私見ですがこのお店、現在この当時とは全く異なった趣になってしまいました。したがいまして私個人としては残念ですがおススメしないお店のひとつであります。

| | Comments (2)

02/12/2008

Fourth day ~Christmas Day~

明けて12月25日。クリスマス当日です。Cimg9981

以前クリスマス当日の朝、朝食を食べるのにどこも混んでいて結構苦労したことがあったので今日は、最初から部屋でルームサービスと予め決めていた。そしてプラスお気に入りのABCのホットドッグも。

子供達を連れてインペリアルホテル下のABCストアーでいつものホットドッグとクラムチャウダーを買いに行きます。ホテルのメニューもそろそろ飽きてきたので、ルームサービスは、最低限。サーモンベーグルやいつもの和定食。   

その帰り、ホテル正面玄関で人だかりが出来ています。そして聞こえてくるのはクリスマスソング。メルバおばちゃんとサンタ夫妻、そしてハウスキーパーの方々でした。『シマッタ!今日だったか!!』以前は、クリスマス・イブにしていたスタッフのクリスマス・ソング。我々がしばらく来ないうちにクリスマス当日に変わっていました。慌てて部屋に戻り買った品物をそこに置き、カメラを取って駆けつけましたが、HWAKでの最後の歌には間に合いませんでした。Cimg9672Cimg9674Cimg9676Cimg9147

きょうのバルコニーでの朝食メニューでは、子供達は断然久しぶりに食べるABCの物の方を支持していました。バルコニーで波の音や人々の会話声をBGMに食べる朝食は、どんなものでも格別。      極上の朝食になります。

今日は、久しぶりに少しドライブの予定です。クリスマスでお店も閉まっているし、街も休日だからノンビリして良いだろうと思い、去年お世話になったアリスさんにお願いしました。日本からメールを送りホノルルに着いてから連絡すると言っておきながら昨日ようやく電話をしてしまいました。(ゴメンナサイ)

急なお願いにもかかわらず、アリスさんは、ご主人のAKIRAさんと二台で午前9時30分、ハレクラニ正面で待っていてくれました。

久しぶりの再会にハグ。AKIRAさんとは初対面でしたが挨拶し握手。AKIRAさん。風貌はロコそのもの日本人には見えません(ゴメンナサイ)が、語り口はとってもやさしく丁寧。Cimg9794

子供たちにもそのお人柄が直ぐに伝わり大人気でした。

今回久しぶりに少しドライブしたくなったのは、親戚と一緒だったこと、それに今までいつも私たちはハレクラニに滞在すると何処にも出かけず、一日中プール・プール!これでは、いつも同じ思い出。それも味気なく感じていたので、今回は絶好の機会とばかりに少し出かけてみることにしました。以前は、レンタカーで動き回っていた時期もありましたが、今では移動はタクシーかチャーター。いろいろ知れば知るほど、自分で運転するリスクや怖さが今になっては、より大きく感じます。というのも慣れれば慣れるほど、ホノルルのことなら何でも知っていると思う自分があった時期がありました。また、最近そうした人たちが事件や事故に巻き込まれるケースが多いことも知りました。今ではウチのような子連れの場合、私は怖くて運転できません。その点、慣れた方の運転なら怖いところには決して近づかないし、道に迷うこともありません。地元ならではの情報も沢山知っており私たちのような旅行者にもとても有難いです。

行き先の希望は予めアリスさんに大まかなことを伝え、それにお任せでアレンジしてもらうようにお願いしました。行き先の順番はアリスさん達にお任せです。取り合えず、恥ずかしながら今まで一度も行ったことがない『この木なんの木』だけはお願いしておきました。二台の大型セダンは、ハレクラニを出発し、H1から『モアナルア公園』へ向かいます。Cimg9479Cimg9477Cimg9477_2   

途中綺麗な虹が出て私たちを歓迎してくれました。途中の会話も楽しくAKIRAさんは、子供達を飽きさせないのと、車酔いを防ぐためクイズを出してくれたりサービス満点。その時に以前書いた「女の虹」「男の虹」のお話も出ました。また、奥様のアリスさんが誰でもご存知の日本のロックンロールの大御所と昵懇だと言う話(内緒でしたね!)やその数々のエピソードもお聞きしたりで飽きませんでした。Cimg9488

『モアナルア公園』に到着し、AKIRAさんは、公園を入って二本目の木がそれで、H1側から見ると日立のコマーシャル通りの風景が観れますよとおしえてくれました。                           実物の「モンキーポッドの木」は、圧巻!圧倒されました。Cimg9496Cimg9500Cimg9687   

天気も良く木の緑が眩しく広い公園内は私たちの貸切のようでした。Cimg9529

遠く伸びる緑の絨毯はまるでゴルフ場のフェアーウェイのよう。     手入れの行き届き美しい公園です。

Cimg9541

そして、次に向かうのはアリスさんから提案のあったワイアヒの『ヒーリング・ストーン』。途中のワヒアワのひなびた街並みが晴天の太陽に照らされいい雰囲気を出していました。

その時の様子はこちら。

そして、そこで後の予定を決まるために暫し作戦会議。当初はノースまで行く心算がなかったのですが、ワイレアバレーにハワイ一の神殿、ヘイアウがありAKIRAさんたちも年に何回かお参りし、お願いことをしにいくところがあると聞き、迷うこともなくそちらに向かっていただくことにしました。途中懐かしいドール。しかし、今日はクリスマスでお休みです。それを知らない観光客が沢山来ていました。Cimg9562_2Cimg9564 

以前このあたりに来たときは一面パイナップル畑でしたが、今はそれもなく荒地に所々コーヒーの栽培をしているような風景です。ハワイのコーヒーも高地でできる方が品質も良いそうでオアフのコーヒーはこれからだそうです。Cimg9736_2Cimg9576 

ハレイワの街並みを抜け、海ガメの良く観られるラニアケア・ビーチへ。残念ながら今日はカメさん、クリスマスのお休みのようでした。我々を乗せた車はワイレアから右に曲がりププケア通りに入ります。そこから林道のような道に入りしばらく行くと絶景がそこにありました。                                             名称は、『プウ・オ・マフカ・ヘイアウ』(Pu’u O Mahuka Heiau)。 神聖な場所です。Cimg9779Cimg9796Cimg9762   

神聖な聖地で大きく深呼吸をしてティー・リーフの葉に溶岩の石を包み石垣の上に供えて家族の健康と安全をお祈りしました。Cimg9771

その時の様子はこちら。Cimg9597

ヘイアウを後にしてタートルベイへ向かい、トイレ休憩。10年振りのタートルベイ。以前来た時は、まだヒルトンの頃。。。。。                タートルベイの中もクリスマス一色。Cimg9610

近隣の小学校の児童達が作ったクリスマスツリーが綺麗に飾られていました。そこからクルマはオアフ島を時計回りに回り、カフク、クアロアと進みます。Cimg9616

このあたりで豪雨み見舞われましたが、雨のクアロア(私はここに来ると何故だかいつも雨なんです)の荘厳な風景が素晴らしかった。クルマはホノルル市街に戻り最終地タンタラスに着きました。Cimg9840Cimg9842 

その時の様子は、こちら。

前回は書きませんでしたが、ここは、悲惨な事件も数多く発生していて、とても危険な場所です。男女のカップルを装った強盗犯やその他いろいろ。八景のよし子さんも同様に仰っていました。慣れた人ほど危ないと思います。こちらに行かれる皆さんどうか、細心のご注意をお願いします!タンタラスの展望台。ここでも貸しきり状態でしたが、私たちが到着して直ぐに山の方から霧がかかり始め間もなく景色も見えなくなってしまいました。でも絶景タンタラス。

それからハレクラニまで送っていただき今日のドライブは終了です。午後2時ホテルに着きました。AKIRAさんに次回は一緒に一杯やりましょうと約束し、さよならです。アリスさんには支払いと明後日の親戚一家の帰国の際と私たちの帰国の際の車のお願いをし、きょうはさよならです。 しつこいようですが、レンタカーでなくて本当に良かったし、下世話な話ですが、レンタカー代、ガソリン費、パーキング代等々考えると、こうしてチャーターをお願いしてもひとつも高くない価格です。アリスさんには無理を聞いていただたようで申し訳なかったのですが、次回も絶対に行きたいドライブでした。

娘は、少し帰り道車酔いしたようですが程なく回復し、昼食のためにHWAKへ。お腹に食べ物が入り体調も戻ってくれました。夕食の『ラ・メール』の予約は午後8時30分。たっぷりあります。少しプールに入り親戚や家内は買い物へ。息子は”夕寝”。私と娘はテレビを観ながら過ごしていました。Cimg9861

この日は夕焼けが綺麗で滞在中一番の日でした。娘が教えてくれ、しばしEveninng Glowをゆっくりと鑑賞し、娘との貴重な想い出をひとつ増やすことが出来ました。Cimg9880

息子も起きてきて、家内も帰ってきたので息子の友達用のお土産を見ようと二人でハレクラニ・ブティックへ向かいます。一通り見終った時、昨日のクリスマスパーティーでもフラを披露してくれた新しいHWAKの新しいスターが私たちのところに通りかかりました。直ぐにわかり、昨日の挨拶をして息子と一緒に写真を撮ってもらいました。Cimg9922

息子も美人と一緒で嬉しそうです。次の出番前で忙しそうで名前も聞かずにきてしまいました。Cimg9932Cimg9931

やがて午後8時過ぎになり『ラ・メール』へ向かいます。少し時間に早いので1階のリビング・ルームで時間調整。Cimg9667

そして、二階への階段をあがりました。

その時の様子はこちら。

楽しかったクリスマス。Cimg9984_2Cimg9979Cimg9980   

はたして子供達は成人しても今日のことを憶えてくれているでしょうか?Cimg9916

つづく。。。。。

 

| | Comments (12)

02/11/2008

Third day ~Christmas Eve~

12月24日、月曜日。Cimg9498

ようやく待ちに待ったクリスマス・イブの当日。今朝は、気分良く目覚め睡眠も十分。いつものように親戚の娘の朝の襲撃を受ける前逃げるようにひとりHWAKへコーヒーを飲みに行く。コーヒーを手にプールベッドに腰掛けていたらフランシー(フランシーヌ)が、タオルをセットしようか?と聞いてくれたのでコーヒーだけだからと目で合図した。天気も良いし、ハレクラニあたりも青空が拡がり気持ちの良い朝でした。イヤホンで音楽を聴きながらコーヒーを飲んでいると体の中から爽やかになり心身ともに癒されていくような感じにもなります。    しばらくここでコーヒーを飲みながら寛いでいると、折良く『ミセス・サンタ』と再会出来ました。

その時の様子は、こちら。

オーキッズでは、メルバおばちゃんに会えたけど、以前のようなスタッフによるクリスマス・ソングはなく、少し拍子抜け。          (しかし、それは翌日のことでした。)Cimg9325Cimg9320Cimg9494Cimg9501   

午前中プールや海で遊びます。いつものようにミモザも美味しい♪Cimg9522 Cimg9524

さてお昼は?どうしようか?と考えHWAKでもと考えましたが、それも芸がないとも思いお昼をだいぶ過ぎてしまいましたが、当初の予定どうり『八景ホノルル』へお昼の可否を問い合わせました。

八景のランチタイムは、午前11時から午後2時まで。電話をかけたこの時点で午後1時を廻っています。大人4人と子供2人で今からタクシーで行きますと伝えると八景の河村さんは、電話の向こうで笑いながら『大丈夫です。慌てないで来て下さい。食べているのに時間が過ぎようと、追い返しませんから』と言ってくれました。

今日の八景ランチのメニューはたしか『蟹クリームコロッケ定食』です。慌ててみんなを揃えタクシー2台に分乗してヤング通りの八景へ向かいました。八景の場所は、アラモアナの裏手。お世辞にも人通りが多いところではありません。お店は、通りから右の少し奥に入った右手にありました。銘木の大きな看板に『Hakkei Honolulu』と書かれています。Cimg9543_2

急いで店に入るとお店のマネージャーの河村さんが、『いや、遠いところ良く来てくれました。あの時間で正直大丈夫かなと思っていました』と言ってくれ、こちらも約束が守れてホッとしました。Cimg9544

お目当ての『蟹クリームコロッッケ』は残り二つしかなかったので、大人たちは、折角来たのだからと少し贅沢な18ドルの『八景スペシャル・セット』にしました。Cimg9536Cimg9537

河村さんは、その風貌からも分かるとおりホスピタリティー溢れる方であると同時にいつの間にか、すぅっと自然に私たちの心の中にも入ってこられる方で、とても素敵な方でした。Cimg9380

その河村さんの素敵なキャラクター、それがお店全体を家庭的な空間、とても心地好い雰囲気をかもし出しています。話題も豊富で一つひとつのお話がとても興味深く面白い。昼のお客さんが一段落した時間帯だったのでいろいろお話くださいました。英語の話。貿易の話。スイスの話。八景の開店から今日までの話、ネパールでの恥ずかしいはなし。。。。。楽しくて時間を忘れてしまいそうです。Cimg9551

お料理は純正統派。正直これだけのものがホノルルで頂けるとは思っていませんでした。Cimg9550

また、『八景スペシャル・セット』には、ひとりおでん三品を選んで自分の席で火にかけてくれます。お昼でここまでやってくれるかという思いとともに、食べてみてその本格の味に目を見張ってしまいました。この価格でこの味。そして心地好い空間。参りました!Cimg9370

河村さんには正直に『伺う前はなぜ、このハワイでおでんなの?』と思っていたことや、『一口食べてみて、この疑問は氷解しました』と告げたところ『分かってもらって嬉しいいです。ここの基本は、ホノルルのローカルの方で二世、三世と移り変わる日系の世代の方々に”本物の日本の味”を提供したいという思いから始めたものですから。。。。。』と言うこたえががかえってきました。嬉しい話です。

したがって、客のメインはローカル相手。でも基本コンセプトはしっかりと守り、決して味は『ハワイ風にしない』と決めていたそうです。『ハワイ風にしてしまっては八景の存在価値がなくなるから』と。。。。。 その話は、帰国してからもお店の女将さんからもお聞きしました。

この八景の心意気が本物である証明は皆さんが実際にお料理を食べ、お店の空気を吸ってみればお分かりになると思いますが、他に定期的に岡山の総料理長が訪れ、味や各所を確認をし、併せてその時に定期的に地元の方相手に『料理教室』を開いています。これは、言葉では簡単ですが実際行っていくことは大変なことだと思います。看板や名前だけで本格的ウンヌンとか。。。そういうのではなく、ここは、まさしく”本物”だと思いました。 Cimg9559

正統派の日本料理がハワイではたして受け入れられるであろうか?と当初は若干の心配もあったそうですが、その心配をよそに今では連日満員です。お料理とともに女将さんや河村さんたちの思いもしっかりとホノルルの地に根付きつつあるのでしょう。嬉しいお話をお聞きし、おでんで温まった心も一段とぽかぽかとしてきました。また、このお店の凄いところは、『ごはん』です。本格的に日本から運んだ釜戸で炊いています。カルフォルニア米だということですが、時季によっては南魚沼産を使うこともあるそうです。私の家でも魚沼産を直送してもらい日ごろ食べていますが、ここの『ごはん』。思わず『ウマイ!』と唸ってしまう『ごはん』でした。娘達は、無我夢中でピカピカの『白いごはん』を食べてお替りまでしていました。ランチは『白いごはん』『うなぎごはん』『じゃこ菜ごはん』(これ美味しい♪)から好きなものが選べます。

こんな良いお店、お昼だけでなく夜に来ないわけには行きません。

明日は火曜日でお店の定休日なので、たまたま開いていた水曜日の夜に予約してお店をあとにしました。親戚が帰国する前の夜です。

Cimg9562

---------------2009年追記----------------------

私見ですがこのお店、現在この当時とは全く異なった趣になってしまいました。したがいまして私個人としては残念ですがおススメしないお店のひとつであります。

ハレクラニへ戻ると時間は午後4時少し前。あと30分でサンタがグレイズ・ビーチに来てしまいます。Cimg9395_2Cimg9394 

私たちも急いで支度をしましょう。それぞれが待ち合わせ場所の『ボール・ルーム』を確認し、私は子供達と一緒にプールサイドでサンタの到着を待ちました。Cimg9399

その時のpart1は様子はこちら。

 と

part2は、こちら。

そして、今年のハレクラニ、クリスマス・イブのパーティーも終わりました。Cimg9632Cimg9646Cimg9668   

しばらくして部屋のバルコニーからハウテラス覗いてみるとそこには、何事もなかったようにいつもハウテラスが静かにたたずんでいました。Cimg9651

つづく。。。。。

| | Comments (6)

02/10/2008

Second day Honolulu city lights

初日からいつもスロースタートの我が家としては盛り沢山に動き回ったせいか、初日の夜九時には寝てしまった。しかし、夜中12時、娘がトイレに起きた物音で目が醒めそれから眠れなくなってしまい、仕方ないので本を読んだりパソコンをいじったりしてみるが、直ぐに飽きてしまう。バルコニーに出てみるが、周りは一面の闇で波の音しか聞こえてこない。日本時間では、まだ夜の8時か9時、それに今まで寝てしまったので寝られるわけがない。完全な時差ボケ状態。こんな自分も少し腹立たしいが、こうなったらもう今夜は眠らないことに決めた。Cimg9389Cimg9373 

午前3時、ホテルエントランスのクリスマスデコレーションを観に行く。こんな時にしかゆっくりと観れないし、誰もいないホテルのデコレーションなんて滅多に観られない。考えようではこれらの装飾、今だけは自分だけのためにあるような錯覚さえ憶え少し贅沢な気分になれるかなぁ?なんてノンキなことを思ったりしました。

その時の様子は、こちら。

メインロビーのソファに深く腰掛け周りを眺めてみる。誰もいない。ちょっと変な感じ。変わり者みたい。でもおかげでゆっくりと自分だけの時間を持て、精神的にはとてもリラックスできしました。少なくとも、部屋で”眠れない!!”と慌てているよりも。。。。。Cimg9369Cimg9486

成田で購入した葉巻を試してみる。わるくないけれど、そもそもソファはもちろん椅子もないこんな水廻りの場所で立ったままでふかすものではないし、全然雰囲気もない。やっぱり味気ないし次回からは止めることにしました。

午前6時になりHWAKに朝のコーヒーが用意され、それを手に持ち部屋に戻る。午前6時30分。夜は、まだ明けてこない。冬のこの時期、特に冬至の頃は午前7時すぎにならないと明るくなってこない。バルコニーの椅子にかけ、コーヒーを飲みながら白々と明けてくる東の空を見渡していると、けたたましくドアチャイムの鳴る音がする。親戚の娘が早くも自分の部屋から朝の”襲撃”をかけてきた。家族は未だみんな安眠中。ウルサイので直ぐに部屋に入れソファで漫画を与えて黙らせた。Cimg9242

家内と息子が起きてきた。でも娘はまだ夢の中。一雨降ったおかげでオーキッズの沖辺りに虹がきれいに出る。幸先がイイ!そうこうしてる内に娘も起きてきた。みんな元気だ。朝食までルームサービスの紅茶をとり、バルコニーで飲む。最高の気分!                           

このひと時のために面倒な予約や航空券の手配をしてきたようなものだ。氷水一杯で幸せな気分になれる♪ Cimg9403

今日の朝食は、日曜日だしHWAK。午前8時HWAKはわりあい空いていた。すぐ席に案内され紅茶、コーヒーを頼み、ジュースもいろいろ。ブッフェなのでそれぞれ思い思いのものと取りに行く。オムレツには”ヘンリー”がいつもの笑顔で迎えてくれました。息子の顔を見つけると、調理場からわざわざ出てきて息子と握手。息子も一生懸命英語で話している。私はここでは毎度おなじみのブラウンライスとズッキーニの炒め物やポテトなど温野菜系のものに目玉焼きとポップオーバー。そしてヨーグルトとフルーツ少々いうのがいつもの決まったメニュー。ジュースは大抵クランベリーにアールグレイ。天気も良好。食事も大人数なので美味しく楽しいし、会話も弾む。今日の予定など話しながら気持ちよく食事をしました。Cimg9253

今日は、『ハレクラニのクリスマスの12日間』のメニューの中のふたつがメイン。午後12時からハレクラニとアラモアナゼンターとのリムジンサービスがある。これで買い物が第一の予定。そして午後6時30分からトロリーに乗ってホノルル・シティー・ライツの見物がふたつ目の予定。それ以外はプールと海にした。朝食が済み休憩などもどかしく、早速プール。

きょうは、”ダグ”と”フランク”がいた。でも、ジョイの姿が見えない。今日もお休み?クリスマスの時季、プールアテンダントのステーションの中には、毎年プール・スタッフの名前入りのかわいいクリスマス・ソックスが飾られます。息子は、その中に『ジョイ』の名前がないことを発見し、寂しがっています。いつも飛び切りの笑顔で迎えてくれた『ジョイ』。息子や娘が赤ちゃんの頃から、いやそれ以前から優しかった『ジョイ』。私も少なからず寂しく思いました。いろいろな事情もあるかもしれないのでマネージャーのⅠさんに伺うと、数ヶ月前に退職したという事でした。やはり。。。。。”特別な事情”はないようなので一安心ですが、『ジョイ』がいなくなったプールはやっぱり寂しかった。  でも、ダグもフランクもいつもの笑顔で私たちを迎えてくれました。やがてトムも出勤してきて”ハグハグ”。Cimg9262

さあ、気分を変えてプールを満喫しましょう。お昼になりホテル正面からリムジンサービスを使ってアラモアナへ買い物に行きます。(でも、このサービス。クルマの台数が少ない!)娘の明日着るクリスマスドレスなどを購入しに。いつもこの時季はパーティー前に娘のドレスをホノルルで調達します。日本より安いしかわいいデザインのものも多く、それにだいいち日本から持っていくよりもお手軽です。

ここで息子と私は家内達といったん別れ、アラモアナ・パークの端にある『ワイキキ・ヨット・クラブ』へ向かいます。この名門『ヨット・クラブ』の資料とシャツやパンツを購入。適当に買い物も済ませ家内達と合流し、フードコートで食事をし、3階のホノルル・コーヒー・カンパニーでカフェ・モカを飲んで一息。Cimg9267

時間も午後5時30分をまわりました。タクシーでホテルに戻り『ホノルル・シティ・ライツ』見物のトロリーの準備にかかります。Cimg9304

午後6時30分、ホテル正面玄関前にトロリーが到着し、順番に乗り込みます。Cimg9420

ホテルからはビッグ・アイランド・キャンディーのクッキーや飲み物が配られ出発です。夜は肌寒くなるので一枚長袖のものを持ってくるようにと親戚親子に言っておいたのに、肝心の私自身がアロハシャツ一枚で乗ってしまいました。寒い!風邪をひかないか心配しましたが、トロリーがアラモアナからダウンタウンに近づくにつれ車内のボルテージも上がり始め寒いこともいつの間にか忘れてしまいました。Cimg9284

トロリーがダウンタウンを2回ほど周回し、おなじみの市庁舎まえのサンタ夫妻の前では速度を落としゆっくりと観ることが出来、その後ワード地区をまわり一時間ほどでホテルに戻りました。Cimg9285

なかなか楽しい企画で個人ではチャーターか他のトロリーなどを頼まないと見学が難しいシティー・ライツをお手軽に観ることが出来、私たちも子供も大人も十分楽しめました。Cimg9301

その後、食事をルームサービスでとも思いましたが、トロリーを降りた時、ホテル正面前の『デニーズ』の看板がやけに目につき、まるで私に”オイデオイデ”をしているようでした。面倒で疲れていることもあり、引き寄せられるようにお店に入りました。クラブハウスやハンバーガーなどなど、思いのほか美味しくてそのうえ安くてボリューム抜群!サービスも良く気分良く一日を終了できました。Cimg9317

部屋に戻り、シャワーを浴びてビールを一気にのんでバタンキュー!至福のひと時です。

つづく。。。。。

| | Comments (10)

02/09/2008

Because it was halfway.........

このブログも休刊中ですが、ひとつ気になっていたことがあります。それは、題名のとおりのもので、『2007年冬ハレクラニ旅行記』だけは一応完了させてから『休刊』にしたいなと思っています。時季はずれですが、ご希望があれば順次出していきたいと思います。Cimg9528

よかったら。。。。。コメントください。

| | Comments (6)

01/30/2008

First day 一期一会

空港から今回はタクシーでハレクラニへ向かいます。横断歩道を渡りタクシーを取り仕切っているオジサンに荷物が多いので大きめのタクシーをたのみます。空は、快晴とまでいきませんが、良いお天気で気分も上々。ここでも先ほどまでのJALの方たちと会い、お互いに気をつけてと挨拶しました。Cimg9307

タクシーは、H1へ入り一路ワイキキへと向かいます。途中、ピンク色の軍隊の病院を左手に、いつもの見慣れた景色を楽しみながらクルマは進みます。Cimg9318

まだ午前9時前。休日など寝ているかもしれない時間です。         土曜日、朝のホノルルは、車も快適に進みます。Cimg9319

ホテルに到着し荷物は、ベルにお願いし、フロントに行くと日本人マネージャーのⅠさんが笑顔で迎えてくれました。いつも笑顔をたやさないⅠさん。日ごろマネージャーデスクに座り、日本人のお客さんの強い味方です。またSさんは、今日、明日お休みなので24日に会うことにします。部屋には直ぐ案内してくれ午前9時には部屋に落ち着けました。Cimg9343_3 Cimg0597Cimg0591Cimg0645     

Cimg0646_3 Cimg0596_3

(我が家はすぐ散らかります)

早速ラナイで深呼吸しているところ、プールサイドに見慣れた親子の姿。そう親戚の親子です。少し恥ずかしいですが、小さな声で声をかけ、私たちが到着したことを知らせます。親戚の娘もウチの娘も大はしゃぎ!無事に再会できました。娘は去年のこともあるので、最初はなるべく”とばさない”ように注意しようと思っていましたが、子供同士、それはムリ!機内で割合寝ることが出来たためか早くも全開です。息子は、眠いのか少しグダぐだ。親戚からクッキー作りの時間が11時だと聞いたので、それまでゆっくりしようと思ったら大間違い。あっち行きたい、こっち行きたい、と引っ張りまわされてしまいました。おかげでヒビの入っている肋骨が初日から痛みます。。。。。Cimg0649_3Cimg9350_3Cimg9349_2Cimg9348   

その後、少し用事があるのでⅠさんの所へ行き話が終わった時、向こうから背の高い大きな見覚えのあるオジさんがニコニコしながら歩いてきます。何度もお会いしている名球会の会長さんでした。以前、幾度もお会いし、気さくな方で私たちにも本当に良くしてくれる方です。再会のご挨拶をさせていただき、また今回も一緒に写真を撮りました。お聞きすると明日帰国されるそうで残念ですが、今回もお会いすることが出来、またいろいろお話させていただきました。Cimg0284Cimg0604Cimg0600Cimg0599   

11時までにパソコンの動作の点検や部屋に荷物を入れたりし、11時になったところでクッキーつくりの場所『ガーデン・テラス』に向かいます。その様子は以前の記事の通りです。お楽しみは1時間30分程度で終了し、お腹も空いてきました。HWAKで最初の食事です。それぞれ好きなサイミン・ジョイズサンド・クラブハウスサンドなど注文しました。お天気も良いし、ここには気持ちの良いハレクラニがありました。プールをみるとダグがいます。子供達は、お昼を食べた後、早々に用意するのももどかしくプールの準備をします。Cimg0139

プールではダグが子供達が大きくなったと目を丸くしながら一人ずつ抱きしめてくれました。特に息子の成長には驚き、息子には『親父より大きくなったんじゃない?』なんて言いながら肩を揉んでいました。プールは快適。飲み物の味も一味もふた味も違う。Cimg9180

そう言えば、最近はハワイへ行きたくないなんて言っていたなぁなんて事が頭をよぎりました。まわりには、知り合いのプロ野球選手の家族。何人か知っている方がいて挨拶。Cimg9167

夕方までプールを楽しんで早めにお風呂へ。相変わらずの『泡風呂』。さっぱりして夕涼みしながら夕食の準備をします。Cimg0191

行き先は去年の春独立した『G』。楽しみにしていました。評判も上々。彼がどんな進化をしているか。。。。。を。

以下私個人の一意見ですので熱烈なGファンの方は気分が悪くなる方もいるかもしれません。予めご承知おきの上お読みください。それがお嫌な方は読まないでください。

そうして良い一日が最後にムカツイて長い一日目がようやく終わりました。Cimg9342

一期一会とは。。。。。

一応、了。 

| | Comments (4)

01/25/2008

Boarding Narita to Honolulu

搭乗デッキを進んでいくと、B744の一番前左側の入り口に到着します。Cimg9296

入り口で笑顔の客室乗務員の方に挨拶し、飛行機に乗り込みシート番号の左側に進むとそこには見覚えのアル弁当箱(失礼!)JAL SKY SLEEPERがありました。事前の段階ではFシートのある機材ではなかったし、贅沢ではありますが正直あまり好きではないSKYLUXE SEATでも一番前の席だから・・・・・と思っていました。  そこに登場してくれた予期せぬFシートだったので『やった!Fジャン!!』と思わず口走ってしまいました。それを聞いてかどうかチーフパーサーが『急に機材変更になりまして。良かったですね♪』と仰ってくれました。今日の運行は、客室乗務員の方もいつものジャルウェイズではなくジャル・インターナショナルの方々による運行のようです。久し振りにホノルル線でJAL本体のフライトになりました。Cimg9231 Cimg9300Cimg9234 

さい先も良く、気持ちよくシートに腰掛けます。足元も広々。手荷物も一番前の荷物入れに入るので便利です。これで、体を伸ばしてホノルルまで行けると思うとさっきのラウンジでシャワーも食事も済ませてきたので早く横になりたくなりました。

子供達もFシートを満喫し、息子は、去年Fクラス往復でシートの使い方を理解しているので娘にあれやこれやと得意げに教えていました。午後8時30分、定時通り飛行機は、プッシュバックをはじめ滑走路に向かいます。夜の空港はいつも幻想的で眩いカラーライトがとても美しく、楽しい旅を予感させてくれます。搭乗機は成田空港の滑走路に入ると同時にエンジンを全開にしました。この日の東京は少し雨模様で雲間に夜景が少し見えましたが、直ぐ雲の中に入っていきました。チャコPやKENは、もう寝ただろうか・・・・・・。寂しくて泣いていないだろうか・・・・・。いろいろなことが思い浮かびます。。。。。Cimg9227Cimg9302Cimg9266   

少しシートの説明をさせていただくと横幅はそれほど広くありません。Cクラスとそれほどの変わりはないように思います。ただ、フルフラットに出来ることはとても有難いです。Cクラスは、”人力”でシートの倒しますが、Fシートは、全て”電動”です。シートの上げ・倒し、フットレストの上げ・下げなどやっぱりとても便利です。中でもフットレストは、上げた後に伸びるので完全なフラットになります。今の新しいCクラスのシェルフラットシートは、若干ずり下がるようにも感じますがこのFシートはそんなこともありません。やはりFは良いなぁと改めて思い返しました。Cimg9241Cimg9257 

飛び立ってからほどなくドリンクサービスが始まり、旅の始まりと安全を祈りいつもの『ハイパー・エドシェック』をいただきます。ラウンジでさんざん飲んできたのにまだ飲むかと思われますが、シャンパンはこの一杯で終了し、後は、ペリエなどお水専門。でも、食後のは、やはり大好きなアイリッシュ・クリームのベイリーズだけはいただきます。 食後酒なので普通小さなショットグラスで供されますが、私は氷をいれてグビグビ飲りたい方なので氷を入れたグラスでいただきます。 これだといつもベイリーズは、2本ずつイタダケマス。。。。。      まるでコーヒー牛乳みたいですけれど。。。。。Cimg9114

食事はお断りしても良いくらいのお腹でしたが、せっかくなので私と家内は『和食』Cimg9245

子供2人は『洋食のお肉』にしました。機内食もラウンジに劣らず最近また良くなりました。一時とてもダメな時期もありましたが最近はとても美味しくいただけます。私は、食後のデザートもほどほどにして”寝”に入りました。Cimg9122Cimg9238 

娘も「レミーのおいしいレストラン」を観ていたら眠たくなって寝てしまい。私は、ちょうど好きな三遊亭遊雀師匠の落語やYumingの「Valentine's RADIO」や70年代や80年代の音楽を聴いて楽しみました。特にTOTOの「ロザーナ」が懐かしかった。           結局シートテレビは出さないで仕舞ったままでした。Cimg9297

この日のフライトは、大きく揺れまるで船に乗っているようなピッチングを繰り返していましたが、船好きの私にはむしろ心地良く”揺りかご”のようで結構気持ちよくノンキに寝てしまいましたが最近では一番揺れたように思います。Cimg9263

目覚めると、外はまだ暗いですが朝の兆しが感じられます。まず、空の彼方に一筋の赤い線が走り、その赤い線が序々に太くなりやがて赤い帯にかわり、そして朝の眩しい光へとに変わります。Cimg9292

機内の電灯が点けられ飲み物とリフレッシュメントを聞かれますが、何も食べたくありません。私は、お水だけ頂き、息子と家内はフルーツとヨーグルトだけ食べていました。Cimg9126

Cimg9279 娘は起きてきませんが、体調管理のためにもギリギリまで寝かせておくことにしました。Cimg9275

やがて眼下にニイハウ島、カウアイ島が観えホノルルも直ぐそこです。イヒラニのラグーンを左に見ていよいよ着陸です。Cimg9294

ホノルルのお天気も良さそうで気持ちもウキウキしてきます。ホノルル空港へは、午前8時前に到着。定時の午前8時30分よりかなり早く到着です。Cimg9301

お世話になった乗務員の方々にお礼をし、入国審査へ。Cimg9305Cimg9306 

この時、娘は少し気持ち悪くなったようですが、直ぐに回復してくれてホっとしました。何しろ去年の悪夢がありましたから。。。。。バゲージも直ぐ出てきて税関も問題なく個人出口から空港を出ました。

ホノルルは、やはり花の香りがしてきます。大きく深呼吸をして腕時計を覗くとまだ午前8時30分。貿易風が思いのほか強かったのでしょう。Cimg9291

でも、あのシートにもう少し寝ていたかったな!

つづく。。。。。

 

| | Comments (4)

より以前の記事一覧