Travel record in Halekulani in spring 2006_

05/04/2006

九日目 最終日今日こそハレクラニから帰国   4月4日~4月5日

午前六時半に目が醒めました。今日こそ本当に帰国です。
Pool1













家内は既に起きており、夕べは娘の状態を気にしながら寝ていたので、あまり眠ってないらしい。子供たちも起きだしてきて息子は早速プールの準備に余念がありません。娘の顔つきも昨日とは全然違い、元気が無いながらも大丈夫そう。早めに起きてウォーミングアップに時間をかけて。。。。。
Photo_72













プールには、昨日に引き続きJCがいてくれました。
「○○チャンの具合はどう?」と気遣ってくれ
「大丈夫!今日は帰れるよ!」と言うと安心した顔で親指を立ててくれました。今朝も誰もいません。まさにプールは、私達のモノのよう「○○’S(アポストロフィーエス!)プール」になっているようです。
30分だけわき目も振らずに息子と泳ぎます。軽いシャワーが降ってきましたがすぐ上がり、虹が出てきました。
しかもボー
息子としばらくの間見ていましたが、次第に色鮮やかな色彩になってきました。近くにいた人に虹が出たことをお知らせしてプールから上がりました。最後に虹が見られて少し満足。ダブルレインボーを見られたのも久し振りでした。
虹は、シャワーが降った後にオーキッズの沖の辺りを見ると結構見ることが出来ます。
なぜか虹は、何時もオーキッズの沖の辺りに。シャワーが降った後少し注意してみてください。息子は、
「ダブルレインボーが見られたから、またすぐ来られるネ!」
「まあ、そうだな!あとは、ハワイの神様にでもお祈りしてみれば?」
と私。息子は何故かとても満足そうでした。

部屋に戻り食事はHWAK。娘と家内が残りました。家内は夕べあまり寝られなかったので食欲が無いと言い、娘もまだあまり食べたくないようです。ヨーグルトとシリアルを持ち帰りそれを少し食べていました。

チェックアウトをして、今日も○○さんが見送ってくれました。○○さんが娘にイースターエッグのシャボン玉のおもちゃをくれました。娘は、たいへん嬉しがり帰国しても大事にしています。帰りのドライバーは、ALICEさん、日本人です。とっても親切でお世話になりました。乃木坂の生まれだそうです。
Photo_73Photo_7425Photo_82   

無事空港に着き、ALICEさんにお別れし、JALのカウンターに行きました。昨日親身になってお世話してくれた○○さんが見当たらないので、聞いてみると今日はゲートの方に行っておられるとの事。丁重にお礼を伝えていただけるように係りの人に頼みました。
サクララウンジで飲み物飲んだり息子はLANでインターネットをしたり静かにしていましたが、昨日お世話になった○○さんが電話をくれました。

「昨日は、たいへんありがとうございました。おかげ様で今日は帰れます。何とお礼を言ってよいかわかりません。また、△△さんにも呉々もよろしくお伝えください。」(△△さんは、昨日病院で付き添ってくれた方で今日はお休みです)

「それは、本当に良かったですね!あまり気にしないでくださいね。私達は、お客様の喜びが私達の喜びですから!今日はお会いできませんが、またハワイに近いうちにおみえになってください。さよなら。お大事に。」 
”It's my pleasure!”いい言葉です。

短い会話でしたが、胸にジ~ンと響く電話でした。御二方の親切に帰国してからJAL本社にお礼状を出させていただきました。昨今JALのニュースは暗いのもばかり・・・・・。でも私達は今までも、これからもJALを応援していきたいと思います。

71便の案内があり係りの方が伝えに来てくれました。ゆっくりとゲート25へ向かいます。
ゲート25はごった返していたので少し待ち、空いてから機内に搭乗しました。途中昨日娘の車椅子を押してくださった方がいて、偶然お礼が言えました。
「お嬢さん、元気になってヨカッタネ!」英語なまりの日本語でした。その方と感謝の握手をして搭乗です。
息子をファーストクラスに座らせ、往きと同じようにチーフの方に息子をお願いいましたが、チーフのSさんは、娘のことも全部把握されていて搭乗早々にいろいろと気遣ってくださいました。
Photo_75Photo_76Photo_77Photo_78   

午前11時50分、静かにJO71便は、ホノルル空港を出発しました。いろいろあったけどなんとか無事に帰国できることを感謝したい気持ちになりました。3月は年度末で今回は親も子供もハワイに来るまでに忙しすぎた。なんだかわからない内に旅行も終わっちゃった。ま、こんな時もあるんだな。それと共に
「ハワイは、しばらくの間イイよ~!(否定形)」とも思いました。(今は全然違います!また次回に向け燃えています!{息子とオババに洗脳されました!ハイ!})
Photo_80Photo_79F_class




JALのデザートと一緒に出てくるのが、ハレクラニのチョコレート。いいオヤジが少し感傷的になります。
娘はあまり食べませんが、「ナルニア国物語」など観ながら約8時間の飛行を終え成田に到着しました。
第二ターミナルのサテライトに到着なのでシャトルが大混雑です!荷物は既に出ており税関を抜け、駐車場に電話を入れます。
「中央口を出て二つ目の信号を渡ったところで待っていてください。」
いつもと同じ台詞を聞いて三個スーツケースをABCで自宅に送る手配をしました。
外は、冷たい雨が降っています。やみそうにありません。どうやら今回は到着地が雨の旅行のようです。
じきに愛車が到着し、荷物を載せ往きの時と違う気持ちで、同じ東関東自動車道を東京の自宅に向けアクセルを踏み込みました。                    -おわり-
Photo_81













次回はやっぱりこのシーズンかな?うんそうしよう!(息子談)

| | Comments (0)

05/02/2006

八日目 帰国日のはずでした・・・ 4月3日

八日目 月曜日

今回の旅行もう帰国の日を迎えてしまいました。今回の旅行は、息子の中学受験に対する”ご褒美”と家内が昨年一年間治療した全快祝い、そして娘の強力なリクエストがあって計画しました。いつもり少し贅沢な今回の旅行でしたが、理由はそれなりにつくわけで、まあ早い話が、明日からみんなまた元気にくらしましょう、と云うことで。
Pool3













午前7時、今日は帰国日なのでみんな起きてもらう。息子と私は、帰国日恒例の朝のプールでひと泳ぎしに行きます。ここで泳いで帰ると、帰国して自宅に帰った時「そう云えば、今朝はハレクラニのプールで泳いでいたんだなぁ~」と感慨にふけることが出来、少し気持ちの贅沢があじわえます。
プールでは、いつもの一番親しいJCが待っていてくれました。何故かJCは、いつも帰国日の朝にいてくれます。
「もう帰国するの?次は何時会えるの?ゴールデンウイーク?ナツ?クリスマス?」なんて聞いてくるので「ゴールデンウイークは、無理!破産しちゃう!早くてクリスマス、もしくは来年!」とこたえタオルをセットしてもらいます。
Photo_53Photo_62




まだ、朝早く人気の無いプールで息子と二人未練のプールで泳ぎましたが、時間の制約があるので「もう少し、もう少し」と言う息子をプールからあげ、JCにさよならを言って写真を撮りました。JCと息子のツーショットの写真、毎回撮るけど息子の成長がよくわかります。JCは、息子をハグしてくれ握手して別れました。JCには、可愛いお嬢さんがいます♪

部屋に戻ると家内が心配顔で待っていました。娘の様子がいつもと違い元気が無いということです。。。。。
顔色も悪く直ぐ横になりたがる。今からだとお医者さんに診せている時間も無いし、予定も詰まっているので何とか帰りたいけど、「心配しなくていいから、大丈夫?帰れる?」と聞くと健気に「大丈夫だよ。帰れるよ」と返事をします。こんなことならば、昨日コールドストーンに行ったときに息子の娘の様子がいつもと変だという言葉をもう少し真剣に聞き、お医者さんに診せておけば良かったと後悔ばかりが先にたってしまいます。家内も同じ気持ちでした。
「とにかく空港まで行こう。その時ダメならその時に考えよう」と努めて明るく振舞ったがいざという時のためにいろいろな想定を考えることにしました。
家内と息子を朝食に送り出しましたが、家内は娘が心配で食べ物などノドを通らないと直ぐに戻ってきました。
Photo_64 チェックアウトを済ませ、親しくしている○○さんにお別れを言うと娘の様子をみて「本当に大丈夫かしら?可哀想に、何かあったら直ぐ連絡をください。出来る限りお手伝いします」と言ってくれたので「空港まで行きますが、無理なようなら連絡しますのでよろしく」と伝え挨拶もそこそこに車に乗り込みました。車の中で娘はウトウトしていましたが、空港に着いたら歩くのも少し辛いよう。でも頑張ってくれたけれど・・・・・。「ゴメンネ!○○ちゃんお父さんとお母さんがもう少し注意深くしてあげれば良かったのに・・・・・」
この後は、前のクイーンズメディカルセンター1の通りです。

小さな子供の親として自分達の至らなさに今は反省ばかりです。大事に至らなかったのが幸いでしたが今でもこうして先日のことを思い返しながら書いていても少し背筋が寒くなる思いです。本当に娘には辛い思いをさせてしまって申し訳なく思っています。
「ハワイは救急車に乗せられるから、もう行かない」なんて言っていますが次回は元気に今まで以上のハワイを娘には体験させてあげようと思っています。

ホテルに息子と戻るとスタッフが、心配顔で迎えてくれました。直ぐに部屋に入り実家や損害保険会社等々へ急いで連絡します。息子の中学入学式が明々後日なので明日には息子だけでも帰したい。その時は、実家のおばあチャンに成田まで迎えに来てもらおうとか段取りだけはつけておきました。
息子をホテルのスタッフに頼んで娘と家内の待つクイーンズメディカルセンターにタクシーで向かいます。この時だけは約20分くらいだけどこの時間は長く感じました。
病院に着き入口で空港と同じセキュリティーチェックを受けてから病院内に入ります。
センターに看護師達のステーションがあり、周りに患者のいる個室がステーションから見えるように配置されています。雰囲気的には、東京築地の聖路加国際病院とは違うけれど少し似ているようにも思います。娘は、ベッドに寝かされ点滴を受けていましたが、顔色も回復しつつあるようで家内も少し安堵したようでした。
幸いにも比較的軽症で夕方前には退院でき明日帰国できることになったのでホッと胸をなで下ろしました。
2_7Photo_63




その後娘は冗談も言えるようになったので、お医者さんの退院許可が下り、タクシーでホテルに戻るとホテルのスタッフが大切に娘を扱ってくれ有難かったです。
息子も娘の顔をみると顔を撫でながら「良かったね、よく頑張ったね」と褒めてあげていました。それからまた、日本に電話をかけ事の顛末を話し明日みんなで帰ることを伝え安心してもらいました。

夕食は、息子と再び花鳥。お店に行ったら今日のことを知っていてみなさん心配してくれていました。
家内にはお鮨を持ち帰り、娘用に特別におかゆを作ってもらいました。最後まで無理を聞いてもらい花鳥には有難いお店でした。
折角もう一度本当に最後に来れたのだから息子と好きなお鮨と料理を頂きましたがやっぱりとても美味しかった。
Susi
部屋に戻り家内と娘に食べさせましたが、娘はおかゆと梅干を少し食べてくれました。元気になりつつあるようでほっと安心。
子供が体調を崩すことは以前息子がまだ2歳のときに熱を少し出してドクターオンコールのお世話になったことがありましたが、今回のような病院への事態は初めて。
娘は、早めに寝かせましたが、「やっぱり3月も忙しかったし疲れているんだな。もう少し余裕のある計画にするべきだったな。」しかし、「いろいろあるなぁ~」も本音であります。

205













今日もイイ天気!でも明日こそ帰ろう!!
ここの景色もイイ感じ。。

| | Comments (0)

04/28/2006

七日目 後編 4月2日

子供達が母親に連れて行きたいと言っていたカラカウア通りの”コールド・ストーン”に来ました。娘は少し疲れているようでしたが、大丈夫なようです。息子はこの時からさかんに娘の状態がいつもと比べ変だと言っていたのですが・・・・・。
子供達お薦めの”ベリー・ベリー・ベリー・グッド”の一番大きなサイズと一番小さなサイズのものを注文し、チップ1ドルを備え付けのビンに入れました。ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーだったか三種類のベリーが入っています。チップを入れると店員さんが皆で歌を歌ってくれます。写真は小さなサイズのものですがタップリと大量にあります。
でも、美味しいので結構食べられてしまいます。
去年、六本木ヒルズにも出来たらしいですけど、ハワイならば気軽に気取らないで食べられるのがいいな。
1_332_9Veryveryverygood





歩いて疲れてきたのでホテルに戻ることにしました。
ルアーズ通りを今回はじめて歩きます。以前の面影は全く無く建設工事現場を歩いているようです。ロイヤルハワイアン・ショッピングセンターも改装中で雑然としていて何か殺風景です。この辺り取り壊される前は、案外ゴチャゴチャしていて日本人より外国人の多い地域でした。私は、このような雰囲気も嫌いでなかったので残念にも思います。更にはご存知の方も多かったと思う、あるお店の張り紙「ハワイア朝食」ならぬ「ハワイア朝食」 も同時に取り壊され、一度ぜひ行きたかった店だけに心残りです。 
1_4RhssPhoto_54Photo_55Photo_56Photo_57Photo_58





今夜もHWAKでカノエさんのフラを観てから”最後”の花鳥で食事。のつもりでした・・・・・。
(翌日また再度行くとは思いませんでした!)
皆さんにさよならし、再会を約し別の場所でお店を始めても必ず行きますと約束しました。
Cimg6599Photo_591_52_10





娘は眠たいらしく(本当は具合が悪くなりつつあったようです、食事もあまり食べませんでした)家内とホテル戻り、私と息子はDFSへ旅行バックを買いに行きました。
息子には、中学生になったら自分の荷物は自分で責任を持って扱いなさいと言い、そのためにカバンをホノルルで買ってあげると当初から約束してました。DFSではと言うかハワイでは殆ど買い物をしないので今までもDFSはあまり縁がありません。
TUMIの売り場に行き機内持ち込み可能のものと背負えるタイプの二つを買いましたがいい値段!TUMI。絶句!小さいのに私のバックの何倍もしました。工夫が施された中身で防弾チョッキ素材。でもまた絶句・・・・・。
Cimg6883Cimg6884 

   



息子は、嬉しそうにカバンを引きずりながらホテルに戻りました。
子供には贅沢ですが、小学校四年生から三年間毎日夕ご飯のお弁当を持って塾通いをしてきたことに対するご褒美にしました。
お茶を飲みながら「もう帰るのか」息子は寂しそうに泣きそうな顔でポツリ・・・・・。
「また、来ようよ。今度はバアバもまた連れて来ようよ」と言うと本当に息子の目から涙が溢れてきてしまいました。
楽しみにしていた今回のハワイ旅行も今夜が最後・・・・・のはずでした・・・・・。

Photo_60













今回購入した一枚です。自宅の絵を観ながら一人涙してます。
(ウソです!でも気に入ってます)

      

| | Comments (0)

04/27/2006

七日目 前編 4月2日

7日目 日曜日

残り一日、今日もいい天気!!
Photo_61 Photo_46 













いつものことだけれど、来てしまうと時間が経つのが早い、特に今回は天気も悪い日が多くていつもの感覚よりもっと早いな。
私も娘も、昨夜食べ過ぎたので食欲がありません。朝食は二人でパス。家内と息子の二人で行ってもらいます。その間娘とお茶やジュースを飲んだりフィットネスルームへ遊びに行きました。ここの冷蔵庫にペットボトルのお水もあります。

家内と長男は、HWAKで今日も朝食。天気も良く気持ちよく食事が出来たそうです。
Photo_48Photo_49Photo_50Photo_51








最近の息子は、私より食べる量が多く、一度に沢山の食べ物をのせるのでお見苦しくてすみません。天気の良い朝は、アウトサイドで食べるのも爽やかで清々しい。でも鳥の攻撃にはご注意を!

またまた、この日のプール三昧!私達家族本当にここのプールが好きなんです。プールならば国内にだって他のところにも沢山あるじゃないかと云われそうですが、ここのプールでなければダメ!なんです。そのためにも来ているので来た時には心ゆくまでプールで過ごすことにしています。
1_8















2_12













明日帰国だし、少し散歩もしようとなり、午後3時にプールをあがりシャワーを浴びてからロイヤルハワイアンホテルをブラブラ、ヒーリング・ストーン・魔法の石に来ました。
1_62_11 




ヒーリング・ストーン、別名カフナ・ストーン、16世紀頃より体を癒したり病気を治したりする力を持った石だと以前何かで読んで知りました。ワイキキ交番の隣にひっそりと、でも堂堂と四つ鎮座しています。以前は、触れて体の病んでいる部分をこの石に触れさせて病気を治したりしたそうですが、現在では、周りをチェーンがかけられていて直接石に触れません。私はハワイに行く度に訪れるようにしていますが、別に特別強い信仰心などはありませんけど、その土地で昔から人々に大切にされてきたものには何か強い畏敬の念を感じ、これからも大切にしたいもののひとつです。一昨年家内が体調を崩したときも、早く全快するように石に祈ったものです。
私は、ここに来ると”漂っているい思われる超自然力の力「マナ」”を両手で集めお寺のお線香の煙を当てるように体特に悪い頭に塗っています。ちょうど東京浅草の浅草寺でやるように・・・・・。
ふざけているわけではなくて、何かそうしたくなる場所です。
MagicPhoto_52 

その後、デューク・カハナモク像にあるWEBカメラに向かってアホまるだしで手を振っていると、若いアメリカ人女性が近づいてきて、「カメラのシャッターを押して欲しい」と言ってきました。「OK」軽く引き受けシャッターをきろうとしたところテレビカメラが迫ってきて私達を映しています。「何かの取材?」と女性に聞いたところ、ハワイ特集の番組制作だそうです。調子の良い息子は、カメラを向けられるとシャカのポ-ズで愛想を振りまいていました。カラカウア通りを渡り、絵でも買っていこうとなり、シェラトン・プリンセス・カイウラニの前にある絵画の店に入りました。
ここは、置いてある絵もハワイばかりではなく、ディズニーのものも沢山あります。本当はコアの木の額縁が欲しかっただけなのが、額だけは置いてなく絵を買う羽目になってしまいました。でも気に入ったものもあり買ったものは郵送してもらいました。


Cimg6881

ハワイでなんでシンデレラなんだろう?




 

| | Comments (0)

04/26/2006

六日目 4月1日

六日目 土曜日

今朝は良い天気!午前六時半起床!天気がよければ目覚めも良いです。昨日からの晴れは持続しているし、暑くなりそうな予感がします♪
子供達は、昨日久し振りの晴天ではしゃぎすぎたのか、今日はもう少し寝ていたいと言いいます。
仕方ないので、ドント・ディスターブのボタンを押して家内と二人でHWAK。天気が良いので他の人達の出足しも今日は早いようです。
Photo_42Cimg6469Cimg6466   





少し待つようなので、紙コップにコーヒーを入れ飲んでいると名前を呼ばれました。
クランベリージュースとアールグレイを頼み、子供抜きの開放された時間をしばらく間浸ることが出来,満足。
最近は、キッズプログラムのある時に来ていたので、大人だけの時間を割合と多く作れましたが、今回は無し!ゆっくりと食事できることは有難かったです。ダイヤモンドヘッドは、深い緑の色に朝日をあびてさらにキラキラと輝き、鮮やかさを増し悠然とそびえています。こんなところで朝ご飯が食べられることが、一番の贅沢というものかもしれません。

部屋に戻るとまだ寝ていました。体調のことも考え少し休ませる事にし、私だけプールに降りていきます。寝っころがりながら小説を読んだりまどろんだり、飲み物を飲んだりと今まで雨で出来なかったことをします。ウトウトしていると部屋の方から子供達が手を振っている姿が見えました。
「起きたな。ガキンチョ達!」生意気にラナイでルームサービスの朝食をとっています。全部丸見え。まあ、お腹が空くのは良い事だから・・・・・。
Photo_433_32_6

食事も終り、みんなプールに下りてきました。天気も良いしプールでの~んびりし、午後3時に上がり入浴してからワードウエアハウスまで出掛け、ホノルルクッキーカンパニーやMamoで買い物をしアラモアナに移動してSee'sキャンディーで買い物をします。一応お土産用のものなんだけれど、私はクッキーよりSee'sキャンディーのチョコレートの方がずっと好きです。Sees
Photo_65
3階のホノルルコーヒーCo。でアイスカフェモカを飲んでからホテルに戻ります。お土産はこの程度。あとはホテルのロゴショップとABCなどで少し。
ウチの場合はレンタカーは最近使わなくなりました。遠くに出掛けることも少なくなったし、タクシーを利用した方が安いからです。アラモアナまでタクシーで往復して約チップ込みで25ドルくらい。ワード地区でも片道15ドルまでいかないことが多いです。家族4人バスより高いけれど、レンタカー使うよりはずっと便利で安く経済的です。レンタカーは場合によっては駐車料金も発生し、全部入れると一日100ドル程度掛かるのではないでしょうか。
Cimg6432Cimg6437Cimg6429Cimg6442Cimg6443Cimg6449 





今夜の夕食は、オーキッズ。水は、サンペレグリノ、ワインは、カリフォルニアシャンドン。夫婦と息子は、コースで頼み、娘は子供用のマヒのソテーを貰いました。
この、カリフォルニアシャンドンは、エクリプスという名前もありますが、ドン・ペリニョンのシャンドンがシャンペンと同じ製法で作ったスパークリングワインです。カリフォルニアのものは出来も良く、そのうえ値段が安い。シャンパーニュのものより品質がよくて約半額くらいです。お薦めです!
私以外はメインを肉にしましたが、私はオナガの蒸したものを食べました、少し中華風で美味しいです。デザートはマンゴーのソルベがたっぷりで食べ終わると寒くなるほどです。
ラ・メールに行きたいところですが、ウチの場合子連れだし堅っくるしいのは苦手なので、ラ・メールの料理が食べたい時はルームサービスで部屋で食べます。子供達がもう少し大人になったら行きたいと思っています。
でも、今日も食べ過ぎたぁ~!どうしよう?
Photo_44













チョコディップの苺を沢山いただきました。これもお奨めですヨ!

| | Comments (0)

04/25/2006

五日目 3月31日

劇的とはこう云う事なんだと久し振りに実感しました。天気のことです。

朝からズーッと大雨!雷ゴロゴロ・ズッドーン!!!「もう嫌だ!帰りたい。こんなの東京に居た方がズーット良いよ!俺はもう帰るからな!」
心で思っても家族には言えません。

雨の中、少しでも優雅に・・・・という事で今朝の朝食はオーキッズ。子供たちもいったん起きたものの天気が悪いことを確認するとまたベッドにもぐりこんで行き朝ごはんは要らないなんて言って居ましたが、今日も大雨で特別やることも無いので金曜日のホテルのメニュー”バック・オブ・ザ・ハウス・ツアー”にでも皆で参加しようということになりました。
以前も数回参加したことがあるのですが、なかなか楽しく日頃見られないホテルのバックヤードや仕組み、ロイヤルスィートの部屋などが見学でき、パンの厨房では焼きたてのパンをご馳走してくれたり、お花をくれたり、大きな冷蔵庫やランドリーの現場を見たりすることが出来ます。ツアーの最後にHWAKでお茶をご馳走してくれ終了になります。
この、案内をしてくれるのがハレクラニでも有名なおばちゃま。とても優しく親切な方です。
今回も数日前に会った際、今回も絶対参加しなさいよ!と釘を刺されていました。
このおばちゃまと話をするだけでも楽しいので「もちろん、今回も参加しますよ」とその時返事しておきました。
(おばちゃまは、2003年ハレクラニ クリスマスの写真の中でオーキッズ朝の歌の写真の中で一番左の方です。今回写真が無いので以前の写真を貼っておきます)
3_5Cimg3539Cimg3538 Cimg3537Cimg3546Cimg3540Cimg3541Cimg3548Cimg35491      




所要時間は約1時間30分から約2時間。正式名称は、「Back of the House Tour」です。午前10時にエントランスに集合です。色々なコースがありますが、ラ・メールなども見学します。
おばちゃまが、一生懸命もてなしてくれますので、積極的にお話してあげてくださいね。喜びますよ。

オーキッズに行ったのが遅かったのと、家内は、娘の体調が少し気になるので今日の予定はパスすると言う。私は、どっちでも良いので私もパスすることにしたが、息子は一人でも絶対に参加すると言う。仕方がないので息子を急いで先に食べさせ、送ってからゆっくり食べることにしました。
エントランスには十数人の方が既に来ていて、おばちゃまにみんなで参加できなくて申し分けないが息子をよろしくと言ってお願いしオーキッズに戻りました。
娘は、案の定少し調子が悪く、さっき少し戻してしまったらしい。でも吐いたら元気になったのでそんなに心配ないようだね。きっと疲れと寒さからすこし体のバランスが悪くなったかな?とりあえず、部屋で休もうか?

家内と娘を部屋に戻して息子の後を追いかけようとも思ったけれど、どこにも姿が無いのでハレクラニブティックで薄手の携帯用ジャンパーを買いました。
店を出たところで、名古屋のSさんご夫妻にまたお会いし、長々と話しこんでしまいました。明日名古屋にお帰りになるようで写真を撮ったり住所の交換をしたりしました。
そのうちに私の帰りが遅いので家内と娘やってきて、今度は私と交代でSさんと話し込んでいました。

お昼近くになり息子が沢山のお土産を頂戴して部屋に戻ってきました。チョコレートを焼きたてのパンにはさんだもの(これ美味しいんです!)や、パパイヤ(沢山!)ハレクラニチョコレート(部屋にくれるやつ)、綺麗なお花等々、娘の分もおばちゃまはくれたそうです。
昨日の朝食時にも綺麗なレイをいただきました。
そしていつものようにHWAKで撮ってもらったポラロイド写真がハレクラニのロゴ入りの紙製額に入れてもらってきました。
ツアーでは、息子が入学する中学の話題になり皆さんに誉められたと嬉しそうに話してくれました。おばちゃま有り難うございました。

息子が貰ってきたパンなどを食べゴロゴロしていたら午後2時ちょうど、それこそ今まで厚く垂れ込めていた雲が劇的に一気に取れ、眩しいばかりの太陽が顔を出し始めました。まったく、ウソのような天気の変わり方でした。
「それぇ!」とばかりに急いで用意し、プールに下りていきます。今度の部屋はプールに近くたいへん便利なんです。プールにはまだ誰も来ていなく貸切状態。それからは、人もたくさん現れていつものハレクラニのプール光景になりました。
結局午後6時までプールで過ごし、今日はカノエさんに会いに行きます。ようやくいつもの滞在スタイルになって来ました。
まだ外は、雨の心配が多少あるので今日のサンセットフラは、室内でした。でもカノエさんは、いつもより身近に手の届く辺りで優雅なフラを舞ってくれました。
今回もカノエさんと一緒に写真をお願いすると、「大きくなったね」と言いながら子供達を優しく抱きしめてくれました。

Photo_34

2_5 1_1




夕食は、また花鳥。今日はカウンターでお寿司中心に食べました。混んでいましたがいつもの○本さんが今日はいて、熱燗を二合飲んでから食事にしました。
顔なじみのT子さんと今までの話をしたりして、またまた少し寂しくなってしまいました。
帰りにまたまたABCに寄りイタズラのつもりで葉巻を買って帰り、子供達と部屋で日焼けして赤くなった背中を見せ合いながらお茶を飲んでいたら眠くなり娘と一緒にオヤスミナサイ。
いつまで一緒に寝てくれるかな?Photo_45















去年の暮れに天国に旅立ってしまった二代目も連れてきてあげました。

| | Comments (0)

04/24/2006

四日目 3月30日

四日目
「うぇ~、土砂降りだよ!」 これじゃどこに来ているかもわからない。
この日から翌日の午後二時まで大雨が降り続きました。

2_2 Photo_33
L





朝ごはんはH・W・A・K。昨日は、サニーサイドアップだったから今日はオムレツを焼いてもらいます。シェフの○○リーも空を見上げてさえない顔、でも直ぐにいつもの明るい笑顔で美味しいオムレツを焼いてくれました。
食事も終わり、さて今日一日どう過ごそうか?と考えながらフィットネス~ホスピタリティールームと渡り歩きジュースを飲んだり時事通信の記事を読んだりしていました。

部屋で息子はPSPでインターネットだし娘と家内はトランプ遊び。私は手持ち無沙汰でただただボーッとしていました。こんな時、出かける事が好きな家庭ならば何か考えるのでしょうが行きたい所も特別にないし、日本にいる時は「今度はここに行ってみよう」とか考えていても、いざ現地に着くと途端に面倒になる・・・・・・。どうしようもない性格なんです。
一応ホノルル美術館にでも今回行ってみようと考えてはいたものの、凄過ぎる雨に一歩もホテルから出たくありません。

3303302





お昼前に少し雨が止んで来たのでプール行きを強行します。小雨なら大丈夫、ハレクラニは温水プールと念仏のように唱え、さながら修行のようにプールにドボン!やっぱり冷たいけど次第に慣れてきますが、その内に”ピカピカ・ゴロゴロ・ズドーン!”と近くで雷!!雨の滝のように降り出し感電したら大変と大慌てでプールから退散しました。
やる事も無くなりお風呂にゆ~くり入って雨を観ながらまたまたボーッとしていました。

Photo_40  Photo_35
2_4  Photo_36






夕食は、娘のリクエスト通りパークホテルのパークカフェ。ここは、日替わりのブッフェなんですが、娘はデザートコーナーがお気に入りなんです。5~6種類のデザートにソフトクリームマシーンがあって娘は、食事もそこそこにソフトクリームを堪能していました。
パークカフェもお隣の花鳥同様5月31日で閉店することに。長年親しんできたお店なので寂しいです。料理の美味しいし、カジュアルでリーズナブル。今回も味は良かったけれど、スタッフが元気無かったなぁ。ボトルでシャンペンをとってもそこそこのお値段です。適当に酔っ払い花鳥に寄り翌日の夕食の予約をして近くのABCストアーに寄ってから部屋に戻りました。
パークカフェも花鳥も傘の要らない近さが良いね。
大雨の情報をインターネットで見ていたら眠くなり就寝。
Photo_38 

| | Comments (0)

04/22/2006

三日目 3月29日

「今日もア・メか?だいぶ曇っているなぁ」 3月29日水曜日。
朝、いつものようにコーヒーをもらいに行くと今朝は、H・W・A・K・のオムレツのところに○○○ーが居る。「みんな少しは早く起きろよ○○○ーがいたよ」

Photo_28 Hwak Photo_29





今日はルームチェンジする日だよ!「早く○○○ーに会いに行こうよ」
ハウス・ウィズアウト・ア・キーでは早くも混雑してきていたが、割合と早くテーブルに着くことが出来早速○○○ーに挨拶に行きました。
「久し振りだね。何時来たの?」いつもと変わらない笑顔で迎えてくれます。
○○○ーにオムレツと目玉焼きをそれぞれつくってもらい朝ごはんにしました。
私は、日本にいる時から食べたかったポッップオーバーを生クリームと一緒に食べます。本当はイチジクのバターと一緒に食べるらしいけれど、こうすると昔のシュークリームのようでいい感じなのでいつもこうして食べています。
久し振りのハウス・ウィズアウト・ア・キー。天気は少し悪いけど気分よく食事が出来ました。
Hannmoltuku

食後、今回はじめてのハンモックで子供たちは楽しそうに遊んでいましたが、食後直ぐだと気持ちが悪くなるよ。


今日は、水曜日夕方にはマネジャー主催のカクテルパーティーがあるけれど、それまでどうしょうか?先ずはフィットネスルームで軽く運動してから考えることにします。
そのうち少し天気も持ち直してきたのでプールに入りましたが、周りを見渡すと寂しい限り。

Cimg6105Cimg6108 Cimg6130123_1Cimg6147




移動する部屋の用意がなかなか出来ないので、今までの部屋で待っていましたが、午後になりようやく移動することになりました。
私たちは、毎回旅の最初に、ダイヤモンドヘッドが見える部屋にして、それからプールに近い部屋に移動することにしています。折角だから違う眺めを楽しみたいし、メリハリをつける意味でもそうしています。


Photo_30 お昼にしようということになりインペリアル1階のABCストアーに大好きな1個89セントのホットドックを買いに行きます。これは、ABCストアーの階段を上った右側にあり自分でピクルスやオニオン、マスタード、ケチャップをかけてからレジで支払うシステムです。シンプルでアメリカらしくて英国のフィッシュ&チップスと同じ位気安く食べられて美味しいと思います。
娘は、ハンバーガーが食べたいというので子供用のチーズバーガーを部屋に届けてもらい部屋でみんなでお昼にしました。

その後、またプール。相変わらず人が居ません。
部屋から家内が何か言っているので、近くの電話で部屋にかけてみます。
今度の部屋は、プールから近いので部屋に居る家内とも直ぐ話せ便利♪
往きの成田のラウンジで一緒だった埼玉の○村さん母娘が午後4時過ぎにおみえになるとの事。もう直ぐ4時になるしどうしようかと思っているとハウス・ウィズアウト・ア・キーあたりに見覚えのあるお顔が見えました。
部屋に上がっていただき、お茶を注文し楽しいひと時を過ごしましたが、午後5時30分にスパ・ハレクラニに予約してあり、その後午後8時にオーキッズの予約をされているとのことでスパまで見送らせていただきお別れしました。お二人は、明日の便で帰国されました。。。。。

Photo_32Cimg6159_1
それから直ぐに2階のハウ・テラスに行き毎度おなじみのカクテルパーティーに参加。相変わらず外国人の比率が多いけれど、アメリカ人ご夫妻のテーブルに合席させていただけました。ご主人は気さくな方で翌朝もお会いしましたが楽しい時間がすごせ、会話も弾み飲み物もシャンペン、ジントニック、マイタイ、ミモザ、チチ・・・・・・只だと思って意地汚く飲みすぎてしまいました。。。。。
食べるものも適当にあったし、話も楽しかったから思わず長居になってしまい、みんなお腹いっぱい、少し散歩してフィットネスでも少し歩いたけれど直ぐにグダグダで部屋に戻り入浴して就寝。
あしたは、どんな天気だろう?

| | Comments (0)

04/20/2006

クィーンズメディカルセンター2

娘と私は、救急車の人達に言われるまま、今考えてもどこをどうして行ったかなど思い出せないほどに急いで救急車に乗り込みました。日本では、何度か乗ったことがあった救急車ですが外国では初めてです。普通救急車での付き添いは病人の横つまり娘の横に座るものだと思っていたのですが、私は車の助手席に座らせられ娘の横にはガッチリとした救急車の方が二人で座られました。娘はきっと私の姿を探しているだろうなと思い、可哀想でしたが病院までこのまま行きました。

クィーンズメディカルセンターのERセンターまでの道のりは、娘の事が心配で仕方なく何故もう少し早くお医者さんに診せなかったのか・・・・・と自分を責め続けてしまいました。
クィーンズメディカルセンターには、約15分程度で着き、急いで病院内に運び込まれましたが、お医者さんが直ぐには来てくれず、病室脇のスペースで30分くらい待ちました。
ほどなく、日本航空の方が来てくださり病院の方と話してくださり病室に入り、看護師の女性がテキパキと処置してくださいました。娘の体の隅々まで点検し、各種モニターを付け血液の採取等々を娘に笑いかけながらしてくださいました。娘も点滴を空港からしてきているので一時の脱水症状よりは少し表情も良くなりましたが、まだ声も出したくないらしく話しかけてもアイコンタクトをする程度でした。暫くしてからお医者さんが、みえて「診察したところシリアスな状態ではないでしょう。ただ、血液検査の結果、血中糖度が低いのと脱水が起きているので、もう少し様子を診るのと点滴をしたほうが良いので、暫くしてからまた検査しましょう。午後にはホテルに戻れるしきっと、明日には日本に帰れますよ」と言ってくれました。

暫くしたらようやく娘が、「りんごのジュースが飲みたい」と言うので日航の方が看護師さんに頼んでくれ、りんごジュースを飲みおしっこが出ました。
看護師さんは、「良い傾向だ」と喜んでくれお医者さんに報告してくれ、お昼のランチを娘に持ってきてくれました。内容はターキーのサンドイッチやゼリー、ジュースなど綺麗に詰められた機内食のようなものでとても美味しそう。日本の病院食とは大違い。
娘は、今まで食欲が無かったのに「美味しい、おいしい」と言いながら半分くらい食べてくれました。

主人もホテルから到着し、日航の方にお礼を言い、お医者さん看護婦さんにも丁重にお礼を言っていました。私は、娘が少しづつ回復してくれるのが嬉しくて少し涙ぐんでしまいました。
主人によるとホテルの方がいろいろ心配、配慮してくれて息子を預かってくれ、今はおそらくプールに入っていると思う、海外旅行傷害保険にも連絡して救急車やこの病院にも連絡をし、直接の支払いが発生しないように手配してくれる、また日本にも電話をかけ、今日帰れないことを連絡し入院が長引いた場合の息子の帰国、入学式の段取りなども打ち合わせしておいてくれました。幸いにも明日には家族全員で帰国できそうなので夫婦でほっと胸をなで下ろしました。

日航の○○○さんは、旅客機搭乗の許可証をお医者さんからサインを頂いた上で明日のフライトの席を取ってくれました。この許可証にお医者さんのサインがないと旅客機には搭乗できないそうです。
「明後日だったらどのクラスも満席なのでよかったですね」と言われ本当に良かった。
その後、娘は歩いてトイレにいけるまで回復したのでお医者さんからようやく退院の許可が下りました。
病院の看護婦さんにさよならし、タクシーで午後4時過ぎにホテルに戻りました。病院のタクシー乗り場まで日航の○○○さんは、見送ってくれ本当にお世話になりました。親切で優しく私たち家族の心の支えになってくれました。本当にありがとうございました。

ホテルに戻ると息子は、プールサイドで寝そべりながらジュースを飲み「両津勘吉」を読んでいました。安心してほっとしましたが、息子のことも心配していたから何だか拍子抜けもしました。「○○ちゃんの事心配じゃなかった?」と聞くと「勿論凄く心配していたけどどうしょうもないし、お父さんがプールスタッフの○○にお前のこと頼んでおいたからプールにでも行っていろと言われたからプールに居た」と言い、プールスタッフの○○と一緒にウインクしていました。まあその通りだし親の知らぬ間に成長していたのかもしれません。さらに息子は続けて「トロピカルイッチをバージンでと英語で注文して飲んできたよ」と言いながらトロピカルイッチに必ず付いてくるお約束の”孫の手”を私にくれました・・・。
どうもありがとう・・・・・・・・。

Photo_27 

| | Comments (0)

04/14/2006

二日目 3月28日

「やっぱり雨だわ!」
午前7時起床。私だけ。みんなまだよく眠っています。ぼんやりとした空を眺めているとこちらもぼんやりしてきます。おまけに肌寒い。昨日西の空いっぱいに夕焼けだったので今日も良い天気だと疑いませんでした。
「今日のプールは、無理そうだな」 取り合えず寝惚けまなこのまま1階のハウス・ウィズアウト・ア・キーへ無料のコーヒーをもらいに行きます。少しレストランを覗いたけど未だ殆ど人は来ていないし、今朝の玉子焼きのシェフが○○○じゃないので今日は、オーキッズへ行こうと考えたりしていました。

ここでプールスタッフの中で一番親しい背の高い最古参のJCに再会。
「今日は、雨で寒いから明日にするよ」と告げると彼も
「明日また会いましょう」と言うので、コーヒーを持って部屋に戻りました。
午前8時、みんなを起こすが、なかなか起きてきません。寒いので長袖のスエットシャツに着替えます。雨だと本当に退屈してしまう。

Photo_23 Photo_19 Photo_24





午前9時過ぎ、ようやくみんな起きてきました。
「今日は、遅いしオムレツが○○○じゃないからオーキッズへ行こう」
結局10時オーキッズで朝ごはん。家内と息子は、アメリカンブレックファースト、娘がパンケーキ、私はスモークサーモンとベーグルにして、それぞれ飲み物を注文します。
オーキッズ唯一の女性ウエイトレスの○○○と再会。知ってる人たちと会うのは楽しいものです。
その足で、フロントの予約担当の方と会い懐かしんだ。

その後、タクシーでアラモアナへ。ここも雨で歩きにくいしディズニーショップとロングス、そしてマカイマーケットで大好きなヤミーコリアンを食べてさっさとホテルに切り上げました。

部屋に居ても退屈なのでホテル内をブラブラするためエレベーターに乗ると初老のご夫婦が乗っていらした。軽く会釈をして乗り込むとご主人から「昨日もお会いしました。今日はどうされたんですか?」
「誰だろう?会った記憶が無いけれど、誰だかわかんない。でもあちらは知っている。あの~どなたでしたっけ?とも聞けないし・・・・・」少々気まずくしていると
「きのう、2階のホスピタリティーの部屋に来ていたでしょ?」
「あ~、ソファで少々お疲れだった・・・・・」と言う前に言葉を飲み込みました。名古屋からいらしたSさんご夫妻でした。
双方とも時間はあるし手持ち無沙汰だったのでエントランスのソファで暫くの間、おしゃべりさせていただきました。Sさんは、去年まで自動車関係の会社を経営されていましたが、現在では引退され悠々自適の毎日。、お医者さんの息子さんのところに秋、赤ちゃんが生まれるのでその前にゆっくりと旅行されたらしいです。今までそれぞれ別に旅行されていたけれど、今回二人一緒では、新婚旅行以来35年振りに海外旅行にいらしたと仰っていました。記念旅行なのにこの天気・・・・・。。。。。。

今夜は、息子の意見を取り入れて「花鳥」で夕飯にするため7時に予約しました。カウンターが好きなのでカウンターにしてもらいます。
夕方になりハウス・ウィズアウト・ア・キーでカノエ・ミラーさんに会おうと思いましたが、寒いし気分も乗らないのでフィットネスルームでみんなで汗をかきシャワーを浴びてから一時間早いけど午後六時に花鳥に向かいます。

幸い空いていたので直ぐに座れました。息子は、ここに本当に来たかったらしく張り切って何を食べようか迷っています。板前さんを名前で呼び(前から変わっていないんです)今日のお勧めを聞いています。(生意気!)私達もここは大好きなので久し振りに会った板前さんと昨日着きましたと話します。今回も何回か来ますと言うと○○さんから耳を疑うような話が飛び出してきました。
「いつも楽しみに来ていただいていますが、5月31日でパークカフェと一緒に閉店することになりました」
「え~っ!!!!!!」「ほ・本当に?」「なんで?」「どうして?」「こんなにはやっているのに?」
「ハレクラニに来る楽しみの一つがここ花鳥に来ることだったのに・・・・・」
「本当のところ、店は順調だし私達もやめたくないけれど、会社の方針などで・・・・、折角いらして頂いているので申し訳ないと思いましたが早めにお伝えした方が良いと思ったので・・・・・」
「いや、早く聞いておいて良かったです。そうしないと悔いが残ってしまうから」
この話は衝撃的でした。母もここが大好きだったしここで素敵な出会いも沢山ありました。子供たちが、まだ小さい時にはメニューに無いものや食べやすいものなど無理を何度も気持ちよくきいてくれたお店だったし。。。。。本格的な味とリーズナブルな値段、そして従業員の方々がいつも変わらず暖かく迎えてくれた花鳥。今でも、残念でしかたありません。願わくば計画の撤回を強く望みたいです。
そんな訳で美味しい料理もいつもと違う感じで頂きました。。。。。

Photo_25

| | Comments (0)