Hawaii

09/19/2009

Sandwich Islands

横浜の神奈川県立歴史博物館で9月23日まで開催されている『福沢諭吉と神奈川』の特別展をみて来た。Fukuzawa_yukiti_3

慶応義塾創立150年記念と横浜開港-開国150周年メモリアルを記念して8月22日から開催されている特別展。

展示品の数々はたいへん興味深く福沢諭吉の日記やその他関係者の記録、実物の品々や文字の一字々に当時の様子にストレートに伝わり思わず当時に想いを馳せてしまうものであった。

福沢諭吉が苦労の末、蘭学を志し勇んで横浜に来てはみたものの、時は既にオランダ語より英語の時代になっており、英語が全く解らず途方にくれてしまった。。。。。

そして、実際の福沢諭吉は、身長173センチで当時では大柄な人でお酒が大好きだった。。。。。などなど・・・・・。

今まで知らなかった事も多く人間 ” 福沢諭吉 ” がまた少し身近に感じられた。

展示品を順番に見ていったら1860年の日米修好通商条約の批准書を交換するための遣米使節団随行及び護衛艦として日本人による最初の太平洋横断に成功した咸臨丸の展示コーナーがあった。8

鈴藤勇五郎「咸臨丸難航の図」横浜開港資料館保管

1860年1月、咸臨丸は軍艦奉行木村摂津守喜毅がアドミラル・提督として艦長の勝麟太郎、後の勝安房守海舟以下96名の日本人乗組員を乗せて浦賀を出航した。

他にアメリカ人のブルック大尉以下10名のアメリカ水夫が同乗し、その乗組員の中に通訳中浜万次郎(ジョン万次郎)や、福沢諭吉、幕府軍艦頭並や蟠竜艦艦長となる松岡磐吉がいた。

咸臨丸はサンフランシスコまで浦賀を出航してから37日目の2月22日に無事到着したが、連日連夜暴風雨に見舞われ、時には船が40度まで傾くほどの大航海に日本人乗員はその殆どが船酔いや体調不良で、動く事が出来なかったそうである。

同乗していたアメリカ海軍ブルック大尉以下の乗組員は献身的に働いてくれたそうでありたいへん助けてもらったそうである。

ちなみに咸臨丸=勝海舟という事が一般的に知れ渡っているが、ものの本によると勝海舟は、ひどい船酔いと咳きで艦長室から一歩も出てこなく咸臨丸の太平洋横断では大きな働きなどしなかったそうでもある。800pxlightmatter_golden_gate_bridge

咸臨丸の木村摂津守や勝海舟、福沢諭吉ら一行は、サンフランシスコで連日大歓迎を受け、サンフランシスコ市民は彼らを称えたそうだ。

その後咸臨丸は、遣米使節と別れ、ドックに入り損傷箇所の修復を受けた咸臨丸は3月19日(陽暦5月8日)帰路に就いた。

復路は大きな嵐も無くハワイに寄ったりして、無事5月5日、浦賀に入港し、その最初の大きな任務を終えた。

そのハワイでは、当時のカメハメハ4世に拝謁し、国王自筆のハワイ国紋章などが一行にプレゼントされた。

その実物も展示されていたのだが、同時に咸臨丸の航海した経路が記された 『 庚申米利堅航海進路図 』 も展示されていたのである。

太平洋を挟んで西に日本、東に米国。ちょうど真ん中にハワイの島々がある。

星の位置だけを頼りにした大きな海図の測量技術にも目を見張ったのであるが、ハワイ好きの私としては最初に目がいくのもハワイ周辺ということになる。

英字の海図だから、てっきり 『 Hawaii Islands 』 とでも記載されていると思って海図を探したがどこにもそんな事は書いてない。

見慣れたハワイ諸島には 『 Sandwich Islands 』 とだけ記載されている。

帰宅して調べてみると ” 1778年ハワイ諸島に到達したクックが、後援者J・M・サンドイッチ伯にちなんで命名した ” ことがわかった。

したがってハワイは以前、サンドイッチ諸島と呼ばれていたそうである。

こんな事有名なのかもしれないが、私は初めて知ったので、なにかとても新鮮な驚きだった。Re00602061

そんな事に感心していたら福沢翁の塾生OGである家内が呆れた顔で私を眺めていた。

私は、塾生OBではないが これからは福沢先生の言葉 『 独立自尊 』 を遅まきながら実践しよう。

独立自尊

遣米使節一行(正使に外国奉行の新見豊前守正興、副使に村垣淡路守範正、目付に小栗上野介忠順。他に役人17人、従者51人、賄い方6人、諸藩士14人)は、サンフランシスコから南下しパナマへ行き、地峡横断鉄道で大西洋岸へ。北上してワシントンへ向かいました。ブキャナン大統領と会見し、条約批准書を交換しました。その後アメリカに一ヶ月余滞在、ニューヨークからアフリカのコンゴへ。喜望峰、ジャワ、香港を経由して日本に帰ったのは万延元年9月27日(1860年11月9日)だった。

■参考文献  日本の名著33「福沢諭吉」所収の「福翁自伝」。日本の名著32「勝海舟」所収の「氷川清話

| | Comments (0)

04/05/2009

Feel the wind of Hawaii

すっかり季節は冬から春へとかわり、東京は桜の花も満開の今日この頃。

このところハワイのこともこの日記のことも忘れていたけれど、良く晴れわたった昨日の朝家族で近所のデニーズで朝食を食べていたら息子がCimg2855Cimg2866 

『デニーズは、去年の年末八景の河村さんとルアーズラウンジの後、真夜中にハレクラニ前のデニーズに行って以来だ』なんて言うものだから・・・・・

( 良いお天気 ) + ( デニーズの朝ごはん ) + ( 八景の河村さん ) + ( ハレクラニ ) + ・・・・・が一気に私の頭の中をリンクしてしまい出てきた答えはCimg2699・・・・・

『 ハワイへ行きたい!! 』

急にハワイに行きたくなった。Cimg2676Cimg2674

ハレクラニのラナイで朝食を食べたくなってしまった。

今年はもろもろの事情があり、端から無理だと決め付けていたのだけれど、ある人?に

『 今年は行けません 』 と言ったところ、

『 そんなぁ・・・・・ 』

とガッカリされてしまったりしたこともあり、、、、、じゃどうしようか?

なんて事も考えたりしていた。

息子は、メインランドから 『 駆けつける! 』 なんて言うけれど、実際はなかなか難しい。

行けない理由があればあるほど 『 行きたくなる! 』 のが人情だろうか?

話は変わり昨夜何気なくテレビを観ていたら日本テレビで 『 弾丸トラベラー 』 という番組が放送されていた。

最後の方しか観ていないがカイマナ・ビーチの夕焼けが出ていたので 『 へぇ~ 』 と観ていると、 『 この後、ミヤコ・レストランでお食事 』 なんて言っていて去年末に食事をした懐かしい都レストランのカバナ席が映し出されていた。2008_hawaii_halekulani_125 

『 よし!観よう 』 と待構えているとなんとこの模様は来週の放送だとか!Cimg2301 ナンダヨ!!

しかし、去年の年末に食事をしたラナイのテーブルでのシーンが放送されるようなので来週の放送、忘れてしまわない様HDDに予約しよう!

こんなの観たらますますハワイへの想いが・・・・・。

困っちゃうな!(山○リンダ。。。古)

| | Comments (2)

11/05/2008

Diamond Head in the winter season

年中”夏”のハワイにも四季があり季節毎の”風景”がある。

”夏”の間の夕日は山裾の間に沈んでいくが、”冬”のそれは太平洋の海に沈んでいく。冬季は、比較的雨も多いがその分ハワイの代名詞『レインボー』に出会える機会も多くなる。

朝を迎える時間も冬では、午前7時頃にならなければ明るくなってこない。朝晩涼しいというより肌寒く感じることも多い。そんなこんなで”冬”のハワイなんてあまり良いことがないじゃないか!と思われるかもしれないが、そんなことはなく”冬”ならではの素晴らしい景色にも沢山出会える。

虹は勿論のこと、ノースでは遠くアリューシャン列島から4000マイルを越えやってくるビッグ・ウェーブ!

この美しさは形容のしょうがないほど素晴らしい。

しかしワイキキ大好きの私が最も好きな”冬”の風景はこれ!

Photo_61

緑萌えたつ『ダイヤモンド・ヘッド』

雨季の豊富な雨を吸収し植物が活き活きとした緑に輝くワイキキのシンボル。

夏のころの茶色のダイヤモンド・ヘッドも悪くないが、生命の息吹をこの時季実感できる。

よく晴れた”冬”の”真夏”を楽しみたい。

| | Comments (4)

10/28/2008

Moku O Keawe Festival Marketplace

昨晩、ハワイ島ヒロのデザイナー『Sig Zane』から一通のメールが来た。

彼は、デザイナーであると共にご夫妻共に伝統的なフラの継承者。

私は、フラのことは全く分からないので、どれ程素晴らしいのか知りえないが、それはもう大したものらしい。

なんでも、来月11月5日から11月9日までハワイ島ワイコロアでフラのお祭りが開催されるとのこと。

いろいろな催し物があり、その中で『Sig Zane』が11月7日・8日の両日マリオット・ビーチリゾートでお店を開け、最新アイテムを販売するそうです。

ヒロまで行かなくてもコナにこの時季行かれる方はいかが?

Mok_email

E hele mai kakou!

Join us in celebrating hula!  The 2008 Moku O Keawe Festival at Waikoloa, Hawaii, will offer unique educational experiences along with a dance competition and arts and craft offerings.  Enjoy the culture and traditions of the island, shop amongst the best, and partake of one of the most beautiful places!

During November 5-9, the third annual event offers workshops in modern and traditional hula, the making of dance implements, and excursions to wahi pana, sacred places of this island.  Openings are still available for hana ulana, plaiting lau hala - learn to make apolima, a bracelet!  Join one of our cultural leaders as he shares the stories of Keelikolani, one of the most popular rulers of our recent past, and learn about Hulihee Palace!

We're opening shop at the Waikoloa Beach Marriot Resort and Spa on November 7 and 8.  Of course we cannot bring everything, but as a part of the Moku O Keawe Marketplace, we'll offer some of the latest in aloha shirts, dresses, and pareu!  Check out our newest design, the iwaiwa, to debut at this year's Moku O Keawe Festival!

Need anymore info?  Log on to the official Moku O Keawe Festival site at www.mokuokeawe.org!  Sign up for the workshops, check out the gallery, or just read up on what's going on!   

Hope to see you at Moku O Keawe Festival!

Aloha nui,

Sig

| | Comments (4)

10/06/2008

Happy 23rd Anniversary, Sig Zane Designs

昨日ハワイ島ヒロにあるハワイアンネイティブ・プランツデザイナーの「Sig Zane」から一通のメールが来た。Sz_header_01_2

シグ ゼーン創業23周年記念のセールがあるというお知らせだった。

1985年10月に始まったシグ ゼーン。なかなかいいですヨン!

ハワイ島ヒロのお店で

2008年10月9日木曜日・2008年10月10日金曜日 午前9時30分から午後5時まで

2008年10月11日土曜日 午前9時から午後4時00分まで

全品25%OFFで販売されるとのことです。Sig_4 

また、とてもヒロまでは急に行けない方のためにwebでの通販でも受け付けるそうです。この場合10月9日木曜日午前9時30分から10月11日午後4時までズ~ット受け付けるそうですヨ♪

Hau`oli La Hanau, e Sig Zane Designs!

It all began with a dream, a desire nurtured in the Kanilehua rain, and it became a reality one October morning in 1985. Come celebrate this milestone with us at our Anniversary Sale. 

Visit us at our flagship Hilo store from Thursday, October 9 through Saturday, October 10, 2008.  Regular store hours apply: Thursday and Friday, 9:30am - 5:00pm; Saturday, 9:00am - 4:00pm.

Can't make it in person?  No worries.  You can shop with us online at sigzane.com!  Discount prices go into effect at 9:30am on Thursday morning.  The best part about the online sale is that you can shop all day and all night, even in your pajamas!  Sale ends at 4:00pm, Saturday, October 11th. 

All items are 25% off!  Your discount will be applied to your entire purchase at check out. Please anticipate delays in shipping due to the higher volume of orders during sale time.  Hilo shoppers, please note that we will not be offering in-store pick up for online orders

もちろん、ハワイ時間ですのでお間違え無く!! Shopadd_2

http://www.sigzane.com/

| | Comments (0)

10/05/2008

Once upon a time in Honolulu

Once upon a time・・・・・・                                                                          昔々・・・お爺さんとおばあさんが・・・・・・ではなくて以前(といってもセイゼイ30年くらい前)のホノルルのことでも。

ホノルルに最初に訪れたのは、むかし・むかしサンフランシスコからの帰国時に数日滞在したことに始まる。800pxpan_am_boeing_747_at_zurich_ai

時季は、11月の下旬。ちょうど街が寒くなりかけた頃、サンクスギビングの休暇にあわせて旅立った。                                  成田空港北ウイングからパン・アメリカン航空でメインランドへ。

11月のサンフランは、寒かった。

800pxlightmatter_golden_gate_bridge

ゴールデン・ゲートブリッジを渡った「サウサ・リート」や「17マイルス・ドライブ」そして「ぺブル・ビーチ・リンクス」から「カーメル」「モントレー」は、美しく楽しい旅になった。                                                              夕日が赤さを増した晩秋の西海岸の景色は今でもはっきりと憶えている。

パンナムの国内線でサンフランシスコからホノルルへと向かう機内。                     黒人のやたら親しげな男性アテンダントが機内に入るやいなや私を大歓迎してくれ、シャンパンやらなにやら振舞ってくれたものである。                                     おかげでホノルルまでの4時間、退屈せずにすごすことが出来たし楽しかった。                                                     彼は、以前福岡で英語教師をしていたとかで面白い奴だったが、いい加減な男でもあった。                                                             ホノルル在住なので明日一緒に遊ぼうと言ってきたが・・・・・。

ホノルル空港へ到着し、晩秋のサンフランから一気に真夏のホノルルへ。                                             旅客機が到着スポットに着くまでの間に外気の湿気でガラス窓が見る見るうちに曇ってしまった。                                                                    機外に出ると蒸し暑い。イミグレもなくタクシーへと向かうが運転手の強烈なフィリピンなまりの英語が全く聞き取れず難儀したことが懐かしく思い出される。

アウトリガー・ワイキキ・ホテルはアメリカそのものであった。                                    小さいが深いプール。                                                  プールサイドで飲む飲み物。                                                      ホテルのつくりや従業員の英語など全てがむしろ”アメリカ”を感じるには良いホテルであったし、ビーチで焼かれるハンバーガーの大きさと美味しさは抜群で現在でもあれ以上のものに未だ出会っていない。Photo_2

メインランドからの帰り道、往復航空運賃に僅かをプラスして『折角だから少し寄ってこよう』程度の心積もりだったので何の事前準備もしてこなかった。                                                      ホテルもアメックスで紹介してくれた所であった。                      しかしこれは大正解だった。      

『11月の真夏』は、新鮮に映ったし、開放的なハワイの雰囲気には直ぐに馴染んでしまった。                                                      街にはもちろん日本人観光客の姿も多かったが、現在のような個人旅行の時代ではなく殆どが旅行会社のパッケージ旅行客。                                皆さん集団で行動されていたし、ワイキキも少し外れると危険な地域も多くその方が安全だった。                                                   いわゆる観光客向けのお土産屋も多く、現在のマリオットホテルとリージェンシーホテルの間に軒を並べる一階店舗は、日本人向けのお土産屋さんが殆どだった。                                

DFSやロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターは、その頃ちょうど全盛期で毎日夜遅くまで賑やかで歩くだけでも楽しかったし、DFSの周りにはイカガワシイその類のお土産屋も多く、逆にその風景が『外国』を感じさせるには充分であったのである。                                    しかし何故だかアラモアナS・Cは、エスカレーターに乗ったことしか憶えていないのだ・・・・・。街には怪しげな日本語看板も多くてへそ曲がりな私は、この街をすっかり気に入ってしまったものである。Hawaiianbreakfast

(kayoさんから以前頂いた写真)

そんなホノルルとの最初の出逢い。

1ドル、たしか250円とか260円の時代。                                  ホノルルは、まだまだ ” 外国 ” であった。

| | Comments (2)

09/20/2008

”Dream Skyward.”

-空に限りない夢とよろこびを-

ご存知。JALのブランド・ステイトメントであるが、私も”空”が大好き。

特に搭乗前のひと時が大好きなことは、以前から何度もここに書いてきた。

旅行だろうと、仕事だろうと航空機に搭乗することは今でも”特別”。

しかし、中でも『好きな場所』に行くために乗る航空機は、別格。

航空機の座席シートが旧式だろうが(新しい方がイイ)、食事が経費節減で内容が悪くなろうが(ワゴン・サービスを復活してほしい)、これからホノルル便に乗ると思うと成田へ向かう高速でハンドルを握る手もしぜんと弾んでくる。

このところ、チケットは毎回パソコンのEメールから打ち出したものを使っていたが、次回の私の分は、JALから送ってもらった。もう数ヶ月前のことで私も忘れて危うく何処かにいってしまうところだった。(見つかって良かった!)

何故、チケットを送ってもらったかというと、郵送してもらうと、チケットの他に米国入国カードや税関申告書、帰国時の入国時携帯品申告書を一緒に同封してくれるから。    

これは、毎回機内で書いているが、薄暗いところで細かな文字を人数分記入することは年々私の”眼”には厳しいものになってきたからでもある。

それぞれの、パスポート・ナンバーを書くのも面倒であるし、それならば時間のある時に自宅でゆっくり書いていった方が良いと思ったから。(でも、きっとギリギリまでヤラナイ)Cimg0114

チケットは、一人分だけで家族全員分の必要書類を送ってくれるので私以外は今まで通りパソコンからの打ち出しチケット。

こんな何の変哲もないチケットや書類を眺めているだけで結構幸せな気分になるのだから私も相当オ・メ・デ・タ・イ。

これも”Dream Skyward.”???

| | Comments (8)

09/12/2008

HITACHI Tree Moanalua Gardens Honolulu

Cimg9708

有名なモアナルア・ガーデンの『日立の樹』

ガーデンは広大でここに立つと敷地はまるでゴルフ場のフェアウェイのよう。

よく手入れされたガーデンはホノルル空港からも比較的近く、昼間は人も多くて安全。

この大きな樹。

テレビ・コマーシャルのように「201ハイウェイ」側から観るのも、その大きな全容がわかるので良いけれど、樹の真下から上を向き枝葉の隙間から覗く ” 空 ” も美しい。

幾重にも重なる枝や葉は幻想的でさえある。

樹齢、推定130年の幹に耳をあてれば大地から吸収され導管から吸い上げられる生命の大きな息吹が聞こえてくるようだ。

ガーデンの入り口には日立の樹のパンフレットが置いてある。

ありきたりな場所だけど、私の好きな場所のひとつ。

Photo_223_001

ひとつご注意!

ここのトイレには扉がないので女性の方はご用心・ご用心!!

| | Comments (0)

06/03/2008

The favorite and interested restaurant and cafe. Chapter of Honolulu

ホノルルの食べもの屋さんのおススメなんて私にはよく判らないけど気に入っている所や気になるところならある。

私の頼りない舌と感覚だけでのセレクションなのでそのあたりはあらかじめ。。。。。

ソル・デ・キューバ・カフェ Soul de Cuba Cafe Cimg0272                                 1121 Bethel St, Honolulu HI 96813 phone545-2822                      定休日:不定休                                                営業時間11:30~14:00、17:30~21:00・22:30(金・土)               http://www.souldecuba.com

ダウンタウンの映画館「ハワイアンシアター」前にあるキューバ・レストラン。『 Pan con bistec 』 $8.00や『 ropa vieja 』 $13.00など日本人の味覚にも良く合う。お店のマネージャーのMichaelさんはとても親切。デザートもイイ感じ。             http://onthebeachatwaikiki.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/soul_de_cuba_ca.html http://onthebeachatwaikiki.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/soul_de_cuba_ca.html http://onthebeachatwaikiki.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/soul_de_cuba_ca_1.html 

ブラッセリー・デュ・ヴァン   Brasserie Du Vin Cimg0312                                           

1115 Bethel St. Honolulu HI 96814 phone545-1115                       定休日:日曜日                                          営業時間11:30~16:00、16:00 to late            http://www.brasserieduvin.com/

ソル・デ・キューバ・カフェのお隣にあるイタリアン・ワイン・バー。奥行きのあるお店で奥にはパティオもあり午後の優雅な時間をすごせる。(らしい)

エピック    EPIC Epic                                                         

1131 Nuuanu Ave., Honolulu phone587-7877              定休日:日曜日                                             営業時間11:00~14:30、17:30~22:00・23:00(金・土) http://www.restaurantepic.com/ 

個人的にはあまり好きではないパシ・リム系のお店だが、出されるお料理はきわめて”真面目”に美味しいとのことでした。

ダウンタウン@ HISAM    Downtown @ HISAM Hisam20building20exterior                                                                     

250 S. Hotel St., Honolulu phone536-5900                   定休日:日曜日                                              営業時間11:00~14:00、17:30~20:30(First Friday)http://hawaii.gov/sfca/artmuseum.php?article_id=31

HISAMというのはHawaii State Art Museumのこと。ここもホノルル美術館同様、カフェが併設されている。ここで出されるものはオーガニックの地元産の野菜を使っている。地元で採れる野菜を美味しく料理してだしてくれる。デザートも良かったというのが友人の評価です。持ち帰りも出来る。

バクナム       Bac-Nam Bac_nam  

1117 South King St phone597-8201                        定休日:日曜日                                               営業時間10:30~15:00、17:00~21:30                                    http://www.yelp.com/biz/bac-nam-honolulu   

Sth.King通り沿いPensacola通りとの交差点あたりにあるベトナミーズ・レストラン。家族で切り盛りしていてとても雰囲気が良く安くて味が良いとのこと。カニや海老のカレーがおススメでサマー・ロールなどお馴染みのメニューも豊富。ベトナム風デザートも良い。                        ※BYOBなのも良い。

八景(はっけい)    Japanese Taste HAKKEI Cimg9575                                                     

1436 Young St Suite103, Honolulu  phone944-6688            定休日:月曜日                                      営業時間11:30~14:00、17:30~23:00                 http://www.hakkei-honolulu.com/   

ホノルルに於ける本格和食ナンバーワンのお店だと思います。               理屈抜きで美味しく気持ちも幸せにしてくれるお店です。                    ただし、予約はお早めに!!

稲葉(いなば)    Inaba Top_navi_logo                                                                               

1610 S.King st, Honolulu  phone953-2070                  定休日:不定休                                          営業時間11:30~14:00、17:30~21:00 http://www.inabahonolulu.com/

日本蕎麦がどうしても食べたくなったらワイキキから少し距離があるが、ホノルルではここでしょう。

※BYOBは Bring Your Own Booze(Bottleのときもある) の略で 「自分の飲み物は自分で持ち込む」という意味です。近所の酒屋さんで自分の好きなお酒を買っていきましょう。 booze = 酒

書き慣れないレストランガイドなど何を書いていいのか分らない。

| | Comments (2)

05/28/2008

Christmas season of Hawaii 2

なるべく早い方が良いと思いきょうも。。。。。

クリスマス・シーズンのレストラン事情を少し。Christmas_dayChristmas_eve 

クリスマス・イブの12月24日やクリスマス当日の12月25日の夕食はかなり前からレストランは予約を受け付けます。                      大概のレストランはこの両日「クリスマス特別メニュー」を考えお客さんに勧めたりします。もっともお値段は目が点になるようなビックリするものではなく大晦日の記念ディナーに比べれば”普通”のプライスで食事が出来る。

アメリカ人にとって、クリスマスは、一年の中で最も大切な家族の行事として捉えているのでレストランは、どこも盛況。                   したがって事前の「予約」は、必ず!日本からしていた方が良い。Cimg96721Cimg05751 

ハレクラニのレストランにおけるクリスマス・メニューは、以前の記事でも書いたとおりだけど、なかなか楽しいコース内容。                    これが、大晦日12月31日だと値段も内容もさらに凄いことになってしまう。

Keikilani2007winter1_31

また、のシーズンだけ開催されるキッズ・プログラム「ケイキ・ラニクラブ」もクリスマスには開催される。

Cimg9628

もっとも、クリスマス・イブは、ホテル主催の「クリスマス・パーティー」があるのでこちらも見逃せない。

ひとつ前の記事にも書いたけど、当日になって食事に困るのは悲しいことなので予め準備だけは是非しておいた方が良い。        レストランとりわけ名前の有名なレストランの人気はものすごくて、ホテルの有名どころも早い時季から予約がうまっていく。         ただ、ホテルの宿泊者などは例え予約の段階で「満席」といわれてもダメモトで「ウエイティング・リスト」に入れてくれといってみるのも良い。運が良ければ首尾よく席が取れることもある。こまめにメールで状況を確認してみては?。。。。。

クリスマスの25日当日は、街全体がひっそり感でつつまれる。道路も空いているし郊外に出掛けてみるのも楽しいかも。                                        でも、当然ワイケレもパール・リッジなどもお休みデス!空いている景色の良いところに行くのも手じゃないかなと思う。Cimg9840

一度、25日に帰国したことがある。前日のクリスマス・パーティーで子供達は大いに盛り上がり夜遅くまで楽しく騒いでいたが、部屋に戻ってから二人ともワンワンと泣き出してしまった。                   こんなに楽しい空間から一気に寂しい帰国。。。。。                      この現実を子供には受け止めかねたのかもしれない。Cimg9611

それからは、帰国を少し後にずらすように心がけている。

旅行は、①プランを考えている時Photo 、②旅行直前、Cimg9105 ③旅行出発当日、Cimg9125 ④旅行中、Cimg9322Cimg9900   ⑤帰国後Cimg9291

それぞれの楽しさがあるが、①のプランを考えている時が悩ましくも楽しい時。悩んで悩んで自分にしか出来ない「最良の旅行」がきっと見つかるはず。それが楽しいから旅行を続けるのかもしれない。

Cimg9671Cimg9718

出来ればハレイワで。。。。。

でも、ハレクラニの案内図。少し古いんですけど・・・・・・。

| | Comments (0)